小判鮫 寒の水にも 増殖す

強い人間にぺたりと張り付いて、ご機嫌伺いばかりしている輩は、いつの時代にも、どこにもいるようです。
小判鮫は、寒さなんかに負けません。
わたしは、彼らとは、民族がちがうと、思うようにしています。
ただちょっと気になるのは、わたしは、小判鮫に反応しすぎていないかということです。
人がどう動こうが、関係ないのが、生き方のはず。
小判鮫だろうが、金魚のフンだろうが、放っておけばいいものを。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください