寒 月 や 触 る れ ば 刺 さ る ご と 尖 り

かんげつや ふるればささる ごととがり

まるで、鉄板に光を当てたよう。
空気もキンキンに冷えて、群青の空に包丁の先のように端を尖らせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください