寒 卵 生 で 食 べ よ と 卵 売 り

かんたまご なまでたべよと たまごうり

放し飼い、自然由来の成分にこだわった飼料で育てたニワトリだから、自信作なのでしょう。

よそとはちがう。

ぜひ、ご飯にかけて生で食べてほしいと。

ニワトリは、たとえ栄養失調状態でも卵を産むと聞いたことがあります。

それに最近のブロイラーは、たくさん卵を産むためのクスリのようなものをエサに混ぜられ、さらに夜と朝が目まぐるしく来るような環境にされ、動物好きは、見ない方がいいと言われます。

慈しみ育てられたものを毎日頂きたいところですが、買い物は一ヶ所、スーパーで済ませてしまうので、なかなかそうもいきません。

ファンが増えて、経営が楽に成り立っていくことを祈ります。

この句も読まれています。

冴 返 る 雑 音 多 し ム ン ク の 手 さえかえる ざつおんおおし むんくのて じつはムンクは叫んではいなかったと近年言われています。 母親や姉を早くに亡くし、大きな不安を抱えた人生を表しているというのが、一般の見解とか。 耳をふさぐ、あの両手。 ムンクの不安には遠く及ばないものの、生きていく上で頼みもしない忠告やアドバイスの多い...
白魚の 断末魔聞く 春隣 優雅に泳いでいる、白魚を酢醤油につけて食す。 必死で暴れるから、あわてて一気に口に入れる。 もう、春はそこまで来ていることを実感する。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
挿せば(させば)もう 綿毛のような ススキかな... わたしは、芽生えたばかりのススキが大好きで、上の方を摘み取って、ラムネ瓶に挿して、鑑賞するのですが、すぐ ふわっと綿毛になってしまうのです。ススキが好きで、庭のほんの片隅に植えたつもりが、あっという間に広がって、それも、斑入りの情緒溢れる葉が、いつのまにかふつうの葉に変わっているのには、驚きました。...
手繰るよに 赤のまんまの 切なさを... 秋の初めのころ、赤まんまとよばれる犬蓼(いぬたで)の花をみると、つらかった幼い日のことを思い出してどうしようもない。小さかった私の思いなど、両親は知らない。今にいたるまで。4さいのこどもの、胸の奥の涙のつぼは、大人とすこしも変わらないのに。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください