寒 卵 生 で 食 べ よ と 卵 売 り

かんたまご なまでたべよと たまごうり

放し飼い、自然由来の成分にこだわった飼料で育てたニワトリだから、自信作なのでしょう。

よそとはちがう。

ぜひ、ご飯にかけて生で食べてほしいと。

ニワトリは、たとえ栄養失調状態でも卵を産むと聞いたことがあります。

それに最近のブロイラーは、たくさん卵を産むためのクスリのようなものをエサに混ぜられ、さらに夜と朝が目まぐるしく来るような環境にされ、動物好きは、見ない方がいいと言われます。

慈しみ育てられたものを毎日頂きたいところですが、買い物は一ヶ所、スーパーで済ませてしまうので、なかなかそうもいきません。

ファンが増えて、経営が楽に成り立っていくことを祈ります。

この句も読まれています。

梅雨寒に 珈琲店の 器抱く 暑いと思ったら、この寒さ。 半袖で震えて、コーヒー屋(むかしで言うなら喫茶店)で、熱い珈琲を飲む。 両手で器を抱えて、暖をとる。...
風鈴の けたたましくて 隠居する 二階から下にすだれを下げた。その一番したの紐に、風鈴を結んだ。なんて風流なんだろう。梅雨の終わりの突風が容赦なく吹き付けて、沖縄生まれの吹きガラスの、深い海の色の、空気の玉が混ざったような美しい風鈴が、割れんばかりに、激しいメトロノーム振れまくりみたいに暴れて、近所迷惑だから、いちおう引き上げた。諦...
鍵 (かぎ) は あ り 眼 鏡 探 し て そ ぞ ろ 寒... 急げば急ぐほど、何やかやと探しまわる。 携帯は、家の電話からかければ、何処かで音がするが、マナーモードでは、それも役に立たず、焦る。 結局、ソファーの隙間にあったり、化粧品の横で見つけたりする。 やっと見つかったと安堵するのもつかの間、手に持って携帯を探していた家の鍵を何処かに置いたようで、自分で自...
時期はずれ あはれを増して 帰り花... 時期はずれの花をきれいとは、あまり言わない。 なんか変、どうしたんだろう、だいじょぶかな。 人もきちんとした方がいい、一応。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください