寒 の 鯉 飜 る 時 飛 沫 上 げ

かんのこい ひるがえるとき しぶきあげ

この寒い水の中に黒い大きな寒鯉がゆうゆうと泳ぐというより、あまり動かない。

ときに急に思い立ったように反対向きになろうとして、勢いよく尾ビレで水面を叩きます。

水しぶきが大きく立ちます。

貫禄です。

この句も読まれています。

眉 描 け ば よ か り し 春 に 巡 り 逢 ひ... 偶然、逢いたくない人に逢う。 そんなときに限ってというか、いつも大抵そうなんだけど化粧もしてない。 普段着のへんな格好で。 せめて眉をきれいに描いて、マスクしていればよかった。 「老けたな」と思われたに決まってる。 別にいいけど。 なんか悔しい。...
掘 り 炬 燵 説 教 息 子 頑 固 婆 ほりごたつ せっきょうむすこ がんこばば 「老いては子に従え」 アホなこと言うなと、最近の高齢者は思っているにちがいない。 迷惑かけなきゃいいんだろうが。 好きなようにやる。 誰にでもいい顔はしない。 若い者に遠慮などしない。 友だちは結構いる。 放っといて大丈夫だからね。フン!...
詳細を 書かずによかろか 絵馬一文(いちぶん)... いろいろと都合があるが、お願いだけで わけを言わなくてもいいものなのか 神様は言わなくてもお分かりになるのか それにしては、お願いするとき、住所や名前を 読み上げなさる。仔細を言えば、力を入れて くださるのかと思ったりもする。いずれにしても 神頼みするほど切羽詰まっているのですから。...
寂しさが 渦を捲き来る 虎落笛 冷たい風が、電線をうならせて、ヒューヒューとなんともやりきれない音を出す。 コートの襟を立てて歩く。寒さは変わらない。悲しみ寂しさが自分を真ん中にしてつむじ風を起こしているような気が する。虎落笛のなく日は、こころが凍える。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください