寒 の 鯉 飜 る 時 飛 沫 上 げ

かんのこい ひるがえるとき しぶきあげ

この寒い水の中に黒い大きな寒鯉がゆうゆうと泳ぐというより、あまり動かない。

ときに急に思い立ったように反対向きになろうとして、勢いよく尾ビレで水面を叩きます。

水しぶきが大きく立ちます。

貫禄です。

この句も読まれています。

春 障 子 遠 目 近 目 に 針 の 穴 Koi-Chaya @ Sagano, Kyoto / Hyougushi 外の風は、まだまだ冷たいけれど、障子越しの光はもうすっかり春の訪れ。ユニクロで買った、白いカーディガン。このまま着ては、ユニクロの宣伝。ユニ隠しに、ボタンを変えることにした。むかし気に入っていた紫のカーディガン(なぜかカーデ...
山茶花の 花少のうて ほっとする 垣根いっぱいの山茶花の花には参る。緑の木々の中にチラホラと花のあるのが美しいと思う。あの赤い花のてんこ盛りはあんまりきれいとは思わない。年によって当たり外れがあるようで、どうも今年は花の少ない年らしい。うわっと咲いてうんざりすることはないようだ。...
笙 の 音 に 道 真 送 る 秋 の 道 しょうのねに みちざねおくる あきのみち 道真の住居であった榎社から、その遺体を乗せた牛車がゆらゆらと進み、今の太宰府天満宮で、その歩みを止めたと言い伝えられ、毎年九月に、二日間かけて、往復する祭りが続いています。 雅楽の音色は、秋の空の下とても哀しく、この世に心を残して亡くなった人を悼む、微妙...
一 村 を 滝 壺 に せ り 送 り 梅 雨 いっそんを たきつぼにせり おくりつゆ もう30年以上前の話です。 長崎豪雨。 あの年は、じとじとといつまでも梅雨が明けず、洗濯物は生乾き、乾燥機など無かった時代でした。 わたしは体調を壊し、以前経験した貧血だろうと勝手に決めて、市販の大瓶の真っ赤な錠剤を飲み干し、それでも良くならないものだから、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください