安 納 芋 胸 に 抱 ふ る み な 許 す

あんのういも むねにかかえる みなゆるす

サツマイモにもいろんな種類があると聞きます。

ぜんぜん詳しくないのですが、安納芋の焼き芋の、あのねっとりした甘さ、美味しさは格別です。

秋も深まった頃に、むかしなら新聞紙、今なら宅配みたいな茶色の袋に入れてもらって、アツアツを抱えて帰ります。

なんて幸せ。

この句も読まれています。

桜鯛 慶事仏事も 出席す 最近は、昔のような精進料理は、見かけなくなった。 五十回忌ともなれば、生きのいい桜鯛がお膳にあがる始末。 もっとも弔われる人の顔も知りませんから。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
浜よりの 遠さ程よし 放生会(ほうじょうや)... 幼い頃、箱崎の海で泳いだというか、遊んだことがある。 黒い大粒の小石が多かったと記憶している。 水族館もあったと思うけど、記憶違いか。 確かめようにも、もう親もいない。 海からお宮までの参道には、当時から電車道や道路が突っ切っていたが、 その電車も小さくてよかった。...
競 う 道 知 ら ぬ 天 使 の 運 動 会 きそうみち しらぬてんしの うんどうかい 幼稚園も面白いけれど、保育園の運動会はそれはそれは楽しいものです。 そもそも何をやらされているのか、理解してない無垢の幼児。 どこが終わりか、さっぱり理解してなくて。 元気に育て、優しく育て。...
梅 雨 の 夢 昔 の 些 末 浮 か び 消 え... なぜか梅雨の頃はおかしな夢をみる。 リアルな場所で、けっこう変な状態にいつもなっている。 うれしいことは、あまりない。 目が覚めたとき、何故かいつも疲れている。 そして目が覚めてからも、暫くは覚えている。 目が覚めた途端に忘れることも多いのだけど、この時期の夢だけはそうではない。 湿度が高いせいか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください