宅 地 よ く 売 れ し 冬 ざ れ 吉 野 ヶ 里

たくちよく うれしふゆざれ よしのがり

弥生時代の広大な遺跡が発見された吉野ヶ里。

発見した功労者が、雷に打たれて亡くなるという悲惨なこともありました。

当時、田んぼしかない田舎町だったところは、今佐賀市と鳥栖市の中間に位置していることに目をつけられ、ベッドタウンとして急速に宅地化が進んでいます。

いちおう長崎本線が通っており、特急も快速も停まらないけれど、こじんまりした駅があります。

佐賀市ほど地価は高くなく、若い夫婦でも手が届く、さらに家を求めやすい政策もあってか、田圃はトントン拍子に開発され、売り出され、右から左に売れてゆく状況です。

無料だった遺跡は、有料と化し、そのせいで訪れる人が減り、ゆっくり見学できるとか。

ほかの地域では、大きな建造物、病院やマンション、スーパーなどが建つとき、発掘調査が行われますが、吉野ヶ里町では、個人の小さな家が建つときもぜんぶ、発掘が必要か、下調べがなされるそうです。

この句も読まれています。

フ リ ス ビ ー 探 す 草 む ら 薊 原 ふりすびー さがすくさむら あざみはら 大樹の陰になって見えなかった草むらに、アザミの群生を見つけました。 トゲがあって、扱いにくい花ですが、かわいい花の形と深い緑に惹かれる魅力的な花だとわたしは思います。 今ごろのアザミは背が高く、濃い紫ですが、もしかしたら種類が少し違うのかもしれないのですが...
花菜漬 真似てみようか ひとり夜に... もう三月も半ばだというのに、霙降る夜。買っておいた菜の花に塩をして、おもしを置いてみる。これでできるだろうか 花菜漬け。花をちょっと食べてみる。菜の花の味、春の野原の味。  ...
冬籠 雨戸打つ音 白熱灯 なにか準備をして、体制を整えるのは好きです。 たとえば迫り来る台風とか大雪とか。 だんだん強くなる風や雪 たいしたことをするわけではありません。 雨戸を閉めて、炬燵にはいって、熱いココアを飲みながら テレビで、「今後の大雪情報」などを見て、緊張するのです。...
新築の 普請(ふしん)の止まず 春灯し(ともし)... 家を建てている。トンテンカンテン一日中 忙しそう。もう日が暮れかかっているけれ ど、止める気配はない。突貫工事か。ただ 寒くはない。春の夕方のあたたかい花曇。 大工さんも精が出るのだろう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください