宅 地 よ く 売 れ し 冬 ざ れ 吉 野 ヶ 里

たくちよく うれしふゆざれ よしのがり

弥生時代の広大な遺跡が発見された吉野ヶ里。

発見した功労者が、雷に打たれて亡くなるという悲惨なこともありました。

当時、田んぼしかない田舎町だったところは、今佐賀市と鳥栖市の中間に位置していることに目をつけられ、ベッドタウンとして急速に宅地化が進んでいます。

いちおう長崎本線が通っており、特急も快速も停まらないけれど、こじんまりした駅があります。

佐賀市ほど地価は高くなく、若い夫婦でも手が届く、さらに家を求めやすい政策もあってか、田圃はトントン拍子に開発され、売り出され、右から左に売れてゆく状況です。

無料だった遺跡は、有料と化し、そのせいで訪れる人が減り、ゆっくり見学できるとか。

ほかの地域は、大きな建造物、病院やマンション、スーパーなどが建つとき、発掘調査が行われますが、吉野ヶ里町では、個人の小さな家が建つときもぜんぶ、発掘が必要か、下調べがなされるそうです。

この句も読まれています。

アスファルト 銀杏落葉の 走る走る... 博多駅の裏、オフィス街に立派な銀杏並木があります。今の季節は黄色の葉っぱがまるで桜がちるように、はらはらと散るのです。地面なら素敵な黄色い絨毯ができるのでしょうが、なんせアスファルト。落ち葉は落ち着くことができないのです。ことに今日のような風の強い日にはビル風に煽られて、あっちに走り、こっちに走りす...
上がったり 下がったりして 秋の空 上がったり下がったりするのは、わたしの気持ち。何とかなるさとおもったり、数分後には、この先どうしようとオロオロ不安がよぎる。明日からの土日をどうして過ごそう。...
鬼 や ら い 未 明 す ご す ご 舞 い 戻 り... おにやらい みめいすごすご まいもどり 鬼は外と急襲を受け、飛び出したものの行く処もないのだから、威勢のいい人間たちが眠りについたころ、こそこそと戻って来るに違いないのです。 一度追い出して、縁が切れるなら、毎年「鬼は外」なんて言うこともないのだから。 だいたいそもそも人間がいるところ、鬼は居るに...
明け方の 雨の雫か 吊忍(つりしのぶ)... 朝早くに雨が降ったらしい。 吊忍は、軽石のようなものに、しだや、常緑の小さい植物を植えて、 ぶら下げて愛でるもの。 昔の映画には、よくあって、わたしも好きで、ぶら下げている。 華やかではないけれど、心が落ち着く。 吊忍に雨の雫がいっぱい残り、心なしか元気。 やっぱり雨がいい。 水道の水を遣ったり、霧...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください