姉 妹 も 他 人 の 果 て か 赤 の ま ま

きょうだいも たにんのはてか あかのまま

赤のまま。
タデ科の雑草。犬たでとも言われます。
道端や空き地、どこにでも生えます。
「犬蓼」の「犬」というのは、役に立たないものを意味するとか。

ウチのような継母のいる家庭では、同じく先妻の子でも、わたしのように、そっぽを向いた子ども、擦り寄って上手くやる子どもと、性格も様々で、おそらく生きているうちに、そして死んでからも会うことはないと断言できます。
ふたり寄り添って、助け合って生きていってほしいなんて、親の叶わぬ夢。
小さい頃から、動物の如く、生きることに必死で、自分を守るために兄弟を売るなんて当たり前。
なんともさみしいことではあります。

この句も読まれています。

外套と 帽子と手袋 シルエット 子どもの頃はオーバーと言っていました。 オーバーを着て、帽子をかぶり、マフラーをして、手袋をすればお出かけスタイルの 出来上がりです。 小さい頃から冬の好きな子どもでした。...
なにをどう したくてこの ひもじさか... この焦り、落ち着かなさ、どこから来るものなのか、いったい私はどこをどうしたいのか。あきらめたつもりのいろいろのこと、本当はあきらめきれてないのだろうか。何かがちがう今なのか。秋だから、人恋しいのか。...
し ず り 雪 隣 り 隣 り へ 連 な り て... 竹などに積もった雪が、その重みに耐えかねてずり落ちたり 風に吹き落されたりする。 雪が止んで日が射してきたために溶けて落ちることもある。 寒い寒い凍てつくとき、突然起こる動きというか音。 ひとつのしずりが引き金になって、つぎつぎと連鎖する。 滅多にない大雪に、ふだん聞かない音を聞く。...
烏 瓜 咲 い て 彼 の 人 絡 め と れ からすうり さいてかのひと からめとれカラスウリ。あの紅い実からは想像もできない、美しい花を咲かせます。カラスウリ自体が少なくなった現在では、見ることは難しいかもしれません。白い五弁の花、それにまとわりつくような、白いレース状の糸。夕方から夜にかけて咲きます。幻想的な花です。...