姉 妹 も 他 人 の 果 て か 赤 の ま ま

きょうだいも たにんのはてか あかのまま

赤のまま。
タデ科の雑草。犬たでとも言われます。
道端や空き地、どこにでも生えます。
「犬蓼」の「犬」というのは、役に立たないものを意味するとか。

ウチのような継母のいる家庭では、同じく先妻の子でも、わたしのように、そっぽを向いた子ども、擦り寄って上手くやる子どもと、性格も様々で、おそらく生きているうちに、そして死んでからも会うことはないと断言できます。
ふたり寄り添って、助け合って生きていってほしいなんて、親の叶わぬ夢。
小さい頃から、動物の如く、生きることに必死で、自分を守るために兄弟を売るなんて当たり前。
なんともさみしいことではあります。

この句も読まれています。

胡 桃 割 る 力 加 減 に 力 込 め 胡桃を割るのには、おおむかしはペンチを使っていたけれど、今はもうくるみ割り器で割る。 でも、力加減が必要なのは同じだから、とても気を使う。 弱すぎれば、もちろん割れないし、ばか力を発揮すれば、粉々になって、胡桃と殻が混ざってしまうし、後始末もたいへん。 ということで、肩に力が入り、眉間にしわを寄せて...
豆の花 電話切りどき のがします bean flowers / hans s 電話と言うものが厄介なのか、 わたしという人間が、自分の ことを無慈悲と思われないよ うにというか、勘付かれない ように、おかしな努力をした 結果なのだろうか。切りたい 電話を上手に切ることができ ないことがある。ひどいとき は、わざわざ外に出て、ピン ポ...
緑もう 勢いづいて 手に負えずl 小さな薄緑色の若葉が、ちょっとよそ見してる間に、猛々しく成長した。緑は深く、モコモコしてた山は、別物のように襲いかかるような勢い。今さら見上げる。...
梵 鐘 も 汽 笛 も 澄 み て 冬 の 朝 ぼんしょうに きてきもこごえ ふゆのあさ 遠い寺から、朝まだ明けぬうちにゆったりとした鐘の音が聞こえてきます。 これは一年を通じて同じなのだけれど、季節によって、夜明けの早いおそいによって、また天候によって、聞こえ方はちがいます。 電車の汽笛も同じです。 秋の深まりかけた頃は、なんとも味わいのある...