姉 妹 も 他 人 の 果 て か 赤 の ま ま

きょうだいも たにんのはてか あかのまま

赤のまま。
タデ科の雑草。犬たでとも言われます。
道端や空き地、どこにでも生えます。
「犬蓼」の「犬」というのは、役に立たないものを意味するとか。

ウチのような継母のいる家庭では、同じく先妻の子でも、わたしのように、そっぽを向いた子ども、擦り寄って上手くやる子どもと、性格も様々で、おそらく生きているうちに、そして死んでからも会うことはないと断言できます。
ふたり寄り添って、助け合って生きていってほしいなんて、親の叶わぬ夢。
小さい頃から、動物の如く、生きることに必死で、自分を守るために兄弟を売るなんて当たり前。
なんともさみしいことではあります。

この句も読まれています。

気 が か り は 春 愁 と 言 ふ ひ と く く り... 小さな心配は、水を含んだ海綿のように膨らむ。 何が変わったわけでもないけれど、このだるさはなに? そろそろ花粉症・・・?...
草 の 実 や ゼ ン リ ン 地 図 は と う に 消 ゆ... くさのみや ぜんりんちずは とうにきゆ ゼンリンの地図が、辞書より大事だった時代があります。 これがないと、初めて行く家が見つからない。継ぎ合せ継ぎ合せして苦労したものです。 値段は結構したと思います。 袋とじで売られていました。 まさか不要になるとは、想像もしませんでした。 時代は飛躍...
春 耕 の 手 を と め 潮 の 果 て を 見 る... 鋤を立てたまま、手を組んであごをのせて暫しの休憩か。 むかしの白黒映画を思い出す。 「裸の島」 新藤兼人監督 乙羽信子主演 瀬戸内の小さな島を舞台にした、台詞のない、当時としては前衛的な試みだったであろう作品。 こうして生きてゆくしかない、人生とはそんなものかもしれないと思わせる。 静かで、なんと...
裏 木 戸 を 閉 ず れ ば 尚 に 虎 落 笛... うらきどを とずればなおに もがりぶえ 寒い寒い夜、木枯らしが吹きすさぶ。 電線や塀や土管などなんでも通り過ぎながら、泣くような、ときには悲鳴のような声を上げます。 身の置き場のない、切実な孤独感ととらえてしまうのです。 寂しさの極まったとき、人は黙るのか、泣くのか。 いろんな人の顔が浮か...