姉 妹 も 他 人 の 果 て か 赤 の ま ま

きょうだいも たにんのはてか あかのまま

赤のまま。
タデ科の雑草。犬たでとも言われます。
道端や空き地、どこにでも生えます。
「犬蓼」の「犬」というのは、役に立たないものを意味するとか。

ウチのような継母のいる家庭では、同じく先妻の子でも、わたしのように、そっぽを向いた子ども、擦り寄って上手くやる子どもと、性格も様々で、おそらく生きているうちに、そして死んでからも会うことはないと断言できます。
ふたり寄り添って、助け合って生きていってほしいなんて、親の叶わぬ夢。
小さい頃から、動物の如く、生きることに必死で、自分を守るために兄弟を売るなんて当たり前。
なんともさみしいことではあります。

この句も読まれています。

深 追 ひ は す な 傷 つ く と 苜 蓿 ふかおいは すなきずつくと うまごやし ウマゴヤシとは、シロツメクサのことです。 俳句ではよくこんな古めかしい言い方をします。 うまく結わえて、王冠のように作れる器用な人もいます。 江戸時代に入ってきた帰化植物です。 肥料や牧草にするので、この名前が付いたようです。 わたしはむかしから、...
こ っ ち 向 け し き り 弾 け り 鳳 仙 花... わたしは、あなたが少々気になります。 べつに、好きとか、そういうのとは違います。 ちょっとだけ、お話などしてみたいなと思うだけです。 実現は、120パーセントムリです。 そんなこと、口が裂けても言えないからです。 言ったら最後です。 ストーカー扱いされるかも。 だからわたしは、あくまでも爽やかに、穏...
春 の 月 厨 の 湯 気 を 吸 う て か ら... はるのつき くりやのゆげを すうてから 春の月は、秋の冴えわたった姿とはちがい、どこかほんわりあたたかく、輪郭のはっきりしないところが特徴です。 家々の台所では、おいしそうな匂いがしてくる春の暮れ。 その湯気をちょっと吸ってからでも、遅くはなかろう。 もっそりした姿はそんなことを物語っている気もし...