如 己 堂 の 高 き 空 よ り 花 の 降 る

爆心地から620mのところにある、故永井隆博士が晩年二人の子供と暮らし、平和の尊さを執筆という形で世界に発信し続け、43才で亡くなったと言われる二畳一間の木造家屋。
浦上の信者が協力して建てたとのこと。
博士の生きる指針とされる「己のごとく隣人を愛せよ」からこの名が付けられたと聞く。
原子野を「花咲く丘」にしようと、九州タイムズ社からの5万円をもとに、桜の苗木1200本を山里小学校、純真女学園、浦上天主堂、病院、道路に植えたとされる。
この桜はすでに代替りしているが、今も満開の桜が浦上の丘を見守っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください