女 な る 毛 虫 焼 く と き 眼 輝 く

おんななる けむしやくとき めかがやく

火をつけるという所業は、むかしから人間が好むことらしい。

野焼きもどんと焼きも、今ではできなくなったけれど焚き火も、みんな大好き。

バラについたケムシをチャッカマンで焼くのは、正直言っておもしろい。

一瞬ジュッといってポトリと落ちる。

人のことは言えない。

わたしも十分目を輝かせているはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください