夾 竹 桃 雨 叩 け ど も 腹 一 物

きょうちくとう あめたたけども はらいちもつ

花言葉は、危険、用心、油断大敵。
誰が決めた花言葉か知らないけれど、やっぱりおんなじ印象を持つものだと変に感心しました。
少し前に、世間を騒がせた、後妻業。
寂しいというより、年寄りのくせに性欲のはけ口を求める、どうしようもない高齢の男性、それも家持ち、年金あり、親族の少ない、持病持ちなら、なおけっこう・・
を、鵜の目鷹の目で狙っている性悪女の匂いがする夾竹桃。
有毒成分は、葉や花など植物全体に含まれており、さらには、燃やした時の煙、周囲の土壌、腐葉土までにも毒性があり、吸い込むことで、重い中毒症状を起こすことがあり、非常に危険だそうです。
乾燥葉100gで、馬一頭の致死量にあたり、羊では葉一枚で死んだ例があるそうです。
赤花の方が、白花より毒性が強いとか。
世のアタマの悪いオトコども。
お気をつけなさい。