太 陽 も 航 路 を 持 て り冬 湊

たいようも こうろをもてり ふゆみなと

秋の太陽が、最後の力を振り絞ったように大きく強く輝きます。

もうすぐ冬日となります。

まるで水平線を転がるように、巨船のように。

この句も読まれています。

千年の 猛暑と鳴いて 蝉時雨 今年は、千年に一度の猛暑と聞いた。 朝は早くから、蝉が鳴く。 今日も間違いなく、暑くなる。 人間は、暑さ寒さでもじゅうぶん疲れる。 炎天下の作業の人、工事現場の交通整理の人。...
なまこ切る こりこりと食う 切りながら... 行儀が悪いというか、いやしいというか なまこは見かけによらず、美味しい。 切りにくいので、神経を集中して、一生懸命切る。 時間がかかる。切り終えるのを待ちきれなくて、 ちょこっと味見をする。 一度味見をすると、 またする。 切り終えるころには、半分になっている。...
蕾とは かけはなれてあり 冬の薔薇 硬い蕾の時期が長い冬の薔薇。真っ赤な蕾が ほどけてくれば、うすいピンクだったり、 縁取りのある黄色がかったオレンジに近い ものだったり。楽しみが尽きない。この寒さ のなかよく咲くものだと感心する。...
茉莉花に 遠い汽笛と 通り声 茉莉花はジャスミンのことらしい。まつりかと読むらしい。夜、窓を開けていると、ジャスミンの むせるような香りにのせていろんな音が聞こえてくる。遠くを行く列車の警笛、通りを歩きな がら話す人の声、犬の吠える声、春の終わりのやわらかい夜の香り。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください