太 陽 も 航 路 を 持 て り冬 湊

たいようも こうろをもてり ふゆみなと

秋の太陽が、最後の力を振り絞ったように大きく強く輝きます。

もうすぐ冬日となります。

まるで水平線を転がるように、巨船のように。

この句も読まれています。

葉桜の 日々たくましく 雄々しかり 花の終わった桜の変貌はすばらしい。 花蕊の付いた薄紅いとき、若葉のとき、そして五月に入り薄緑から深い緑に、柔らかい若葉は 硬い葉に成長する。もう誰も見向きもしないし、一面に雑草が生い茂るが、ものともしない。...
お ん ぶ 帯 見 つ け 師 走 の 温 か し... 随分前からおんぶを見なくなった。 格好が悪いからだろう。 赤ちゃんは、前に括り付けることが当たり前になってしまっていた。 転ぶと危ない。 おんぶなら、背中にぴったり。 赤ん坊の脚にも、この方がいいと聞く。 両手が空く。 いざという時、両手が使える。 今日見かけたのは、昔ながらの紐のおんぶ帯ではなく ...
問うてから 答えに間のあり 春の月... 春の月、ぼんやりとおぼろ。 何か聞いて、しばらくして、返事のある、ぽやんとした人を連想する。 それはそれで、じゅうぶん魅力的です。 わたしは、ゆったりと、でもしっかりと考えてから答える、上品で誠実な人がすきです。 そうなりたいと、努力もしてはおりますが、道半ばというより、はるかです。 おっとりした印...
映画館 出て春雨の 降りそぶり... 映画館を出たら、お天気が変わっていることは、よくある。 映画の余韻を抱えながら、春の雨を見る。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください