太 陽 も 航 路 を 持 て り冬 湊

たいようも こうろをもてり ふゆみなと

秋の太陽が、最後の力を振り絞ったように大きく強く輝きます。

もうすぐ冬日となります。

まるで水平線を転がるように、巨船のように。

この句も読まれています。

あの人は もう死んだあの星か この星か... やっと死んだ。母親が。難病で苦しかったろうが、もう終わった。星になったのか、ならなかったのか、どうでもいい。 あたしには守護霊とかいうものがいないような気がする。だれも守ってくれない、そんなタイトルの映画があった。...
秋日和(あきびより) 巡り合わせを 思いつつ... 世の中は巡り合わせ。 努力も、それは大切だろうが、それではすまぬ力を感じることがある。 巡り合わせを大切に、それはまた諦めることを暗示しているのかもしれない。...
向 日 葵 は 俯 く こ と を 許 さ れ ず... ひまわりは うつむくことを ゆるされず こわせないイメージって、厄介で怖いと思います。 明るいからって、いつもいつも明るくなんてしてられないはず。 オシドリ夫婦だってそう。 ほんとはオシドリ、毎年相手を変えるのだそう。 なんでも決めつけるのは良くないし、まちがいのもと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください