天領と 呼ばれる町に 梅雨(あめ)止まず

天領日田。
森の町。うっそうと繁る木々。
山から引き下ろして、貯木場に、立派な丸太が揃う。
いつ止むとも知れぬ雨が明け方から降り続く。
山はひたひたと潤い、樹々は黙々と育つ。
空は低く、一点の晴れ間もない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください