大 鯉 の 背 び れ 霰 ( あられ ) に 叩 か れ し

りっぱな錦鯉が浅い水路に入れられて、ひしめき合って、ゆったり泳ぐこともできない。
天満宮のすることは、あれやこれやそんなもの。
催事に引っ張り出される牛は、北朝鮮の農耕用の牛と変わらず、痩せ衰え全身のあらゆる骨が浮き出ている。
もちろん艶もない。
以前は年始と合格祈願に限った人の波が、今は一年中である。
中国語や韓国語が飛び交い、一日中一年中混雑している。
おまけに国立博物館。
遊歩道でつながる。
大型バスを境内に入れるため、鳥居の上を取っ払う融通のきかせ方には畏れ入る。
せめて牛に充分な餌と運動をさせてほしいだけ。
生きものは慈しんでほしいだけ。
天神さまの牛なのに。

この句も読まれています。

学校の 夏を守るか 蝉しぐれ 小学校はついこの頃夏休みにはいりました。ひと気のない学校は門もピタッと閉ざされて、ただ朝の蝉時雨が凄まじいこと。また子供たちがもどる日まで、続くのだろうか。...
ネジ巻いて 思い出かじる 秋の芋 消化不良の思い出を持て余している。両親とも死んだ。 共有する人は誰もいない。 あのまだ幸せだった頃の、懐かしくてたまらない話を聞いてくれる人は誰もいない。 そんなもんかな。 しょうがないんだろう。 iPhoneからの投稿...
孤雲孤雲 冬の木立に 羊雲 はぐれたみたいな羊雲 木にひっかかったような、こんな雲が冬にもあるらしい。 たよりない、きれっぱしみたいな雲を見つけました。...
か に か く に 故 郷 の 夏 の 匂 ひ な り... かにかくに こきょうのかぜの においなり 何がちがうわけでもなかろうに。 たいした思い出があるわけでもないのに、やはり故郷の風はちがう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください