大 鯉 の 背 び れ 霰 ( あられ ) に 叩 か れ し

りっぱな錦鯉が浅い水路に入れられて、ひしめき合って、ゆったり泳ぐこともできない。
天満宮のすることは、あれやこれやそんなもの。
催事に引っ張り出される牛は、北朝鮮の農耕用の牛と変わらず、痩せ衰え全身のあらゆる骨が浮き出ている。
もちろん艶もない。
以前は年始と合格祈願に限った人の波が、今は一年中である。
中国語や韓国語が飛び交い、一日中一年中混雑している。
おまけに国立博物館。
遊歩道でつながる。
大型バスを境内に入れるため、鳥居の上を取っ払う融通のきかせ方には畏れ入る。
せめて牛に充分な餌と運動をさせてほしいだけ。
生きものは慈しんでほしいだけ。
天神さまの牛なのに。

この句も読まれています。

春 の 月 吹 き 抜 く 風 は ま だ 尖 り (とがり )... 朧月とはいかないけれど、確かに春の月です。 凍てつく冬の月とはちがいます。 ただ風はまだ冷たい日があり、早朝はまだ寒くもあるけれど、季節が移りつつあるのが嬉しいのです。...
まずもって 人信じるな ちちろ虫 人間関係ほど不確かなものはない。 用心して、用心して心を許さないようにして そしてやっぱり失敗する。 信じてしまうから。甘いなあと反省する。 矛盾しているけれど、この人はいい人だと思える人がいるから、 ときどき考えが変わる。 いじわるが大半だけど、思いやりを感じてしまう人も確かにいる。 よく見ること...
初 西 瓜 赤 子 抱 くご と 運 び お り はつすいか あかごだくごと はこびおり 今年初めての西瓜。 植木産。 落としたら終わり。 生まれたての子どもを抱くように、用心して持ち帰ります。...
女 車 掌 き び き び と せ り 風 薫 る... おんなしゃしょう きびきびとせり かぜかおる 女性の職場が広がりつつあります。 博多や広島岡山など大きな駅でのホームで出発の許可を出すのは女性の駅員でした。 オトコよりシャキッとしている感じ。 「○号車の見送りの方、下がってください。列車が発車出来ません!」 注意というより怒られた気がして...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください