大 鯉 の 背 び れ 霰 ( あられ ) に 叩 か れ し

りっぱな錦鯉が浅い水路に入れられて、ひしめき合って、ゆったり泳ぐこともできない。
天満宮のすることは、あれやこれやそんなもの。
催事に引っ張り出される牛は、北朝鮮の農耕用の牛と変わらず、痩せ衰え全身のあらゆる骨が浮き出ている。
もちろん艶もない。
以前は年始と合格祈願に限った人の波が、今は一年中である。
中国語や韓国語が飛び交い、一日中一年中混雑している。
おまけに国立博物館。
遊歩道でつながる。
大型バスを境内に入れるため、鳥居の上を取っ払う融通のきかせ方には畏れ入る。
せめて牛に充分な餌と運動をさせてほしいだけ。
生きものは慈しんでほしいだけ。
天神さまの牛なのに。

この句も読まれています。

新築の 普請(ふしん)の止まず 春灯し(ともし)... 家を建てている。トンテンカンテン一日中 忙しそう。もう日が暮れかかっているけれ ど、止める気配はない。突貫工事か。ただ 寒くはない。春の夕方のあたたかい花曇。 大工さんも精が出るのだろう。...
首 の 無 き 羅 漢 の 首 に 秋 気 澄 む... くびのなき らかんのくびに しゅうきすむ 長い歴史のうちには廃仏棄釈の時代もあったと聞くけれど、それなら羅漢すべての首を跳ねればいいものを、幾つかだけが危害を受けているのはどうしてでしょう。 素朴ながら、田舎の寺の一角の竹林の中に佇む羅漢は、首は無いものの、指の先まで丁寧な造りです。...
新酒(しんざけ)の 表面張力 春隣... 新酒の季節。 利き酒用の、ぐい呑みに、ぎりぎり一杯ついでもらう。 つぐ方も上手なら、一滴も溢さず、飲むわたしも上手。 春は隣。 行きは寒々、帰りはうらら。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
掃 除 す る た だ 水 仙 を 活 く る た め... 庭に咲いた水仙を活けたい。 まずは掃除。 何がなんでも掃除から始まる。 掃除って馬鹿にならないと、いつも思っている。 片付けたり、埃を取り除いたりすることは、まちがいなく心の健康に貢献する。 やたらと物が増えないように。 何か増やしたら、何か捨てるように心掛けている。 掃除が済んだら、鋏を持って庭に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください