夏 草 や 廃 工 場 の ド ラ ム 缶

廃バンカー
廃バンカー / koziro

生い茂る雑草、もうどうしようもない。
使われることのない建造物の荒れ方は
どうだろう。
鉄は錆び、ガラスは割れ、かつての活況
は見る影もない。
夏草は工場の向かいの空き地、と言って
もちょっとした遊具などあるだけだけど
ベンチもなにもかもを覆い尽くす。
どうせ子どもなど遊ばなくなって久しい
わけだけれど、小さな空間はもう、荒涼
とした大地の風情。
誰か、過ぎ去ったむかしを思うことが
あるだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください