夏 木 立 む か し 結 核 療 養 所

なつこだち むかしけっかく りょうようじょ

むかし、結核患者が多いころあちこちに専門の病院があり、たいていは療養所と呼ばれていたものです。

今は、新しい立派な病院に生まれ変わって、先進医療にも明るいとか。

ただ敷地内の樹々はかなり大きく育って、この地に歴史があることを教えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください