夏 帽 子 似 合 う と 訊 か れ う ん と 言 ふ

なつぼうし にあうときかれ うんという

マフィアがかぶるような、夏帽子。
得意満面で、「どお?」
全然似合ってなくて可笑しいのだけれど、本人が、どっちにしようかと迷っているわけではなし、自信に満ちているから、似合ってないとか、こっちのほうがいいとか言う空気ではなく、いいねと言うつもりで、消極的に「うん」とうなづいてしまった。
いっしょに歩きたくない。

この句も読まれています。

蔵 の 窓 一 直 線 に 日 脚 伸 ぶ くらのまど いっちょくせんに ひかりのぶ 蔵には窓と言える窓はありません。 たったひとつ、高いところに、塞いでいる板を少し斜めにすることで開く小さな窓らしきものがあるだけです。 暗いところに目が慣れて、ほんの少し開いた隙間から、するどい光が一直線に入って、とんでもないところまで照らすことがあり...
浴衣に手桶 ホースがよろし 打ち水は... いかにもわざとらしい。 手桶でどれだけの水がまけるやら。 雰囲気と気持ちが大切と言われそうですが、 ホースでがーっとまけばよろしい。 それこそ涼しい。 手桶でまいて、終わる頃には、汗だく、はじめにまいたところは、乾いとるわい。...
濡れ傘を 干して舞い降る 落花かな... 花の下を、雨の中歩いた。 傘をさして。 干そうと、ジャンプ傘のボタンを押した。 花びらが舞い上がって、驚いた。...
知 覧 茶 に 特 攻 載 せ し 終 戦 忌 ちらんちゃに とっこうのせし しゅうせんき 句会の先輩に、お兄さんを特攻で亡くした方がいます。 22歳だったそうです。 終戦を迎え、兄さんの友人たちが家に来て、いろんなことを、想い出や、戦争全般のこと、さまざまな細かいこと、例えばモールス信号の手習いなど教えてくれたと、折にふれ、私たちにも聞かせて...