夏 帽 子 似 合 う と 訊 か れ う ん と 言 ふ

なつぼうし にあうときかれ うんという

マフィアがかぶるような、夏帽子。
得意満面で、「どお?」
全然似合ってなくて可笑しいのだけれど、本人が、どっちにしようかと迷っているわけではなし、自信に満ちているから、似合ってないとか、こっちのほうがいいとか言う空気ではなく、いいねと言うつもりで、消極的に「うん」とうなづいてしまった。
いっしょに歩きたくない。

この句も読まれています。

冬 木 立 透 け て く る り と 月 の 道... 大きな樹が思う存分葉を茂らせていた夏が終わり、紅葉も過ぎて、もうすっかり枯れ木になってしまった。 樹々は葉を落としたけれど、先の先の細いところまで、しっかりと丁寧に枝である。 眠れない夜、その枝々の向こうに明るい月があった。 しばらくたってまた見ると、月は大きく動いていて、でもまだ大枯れ木の枝の向こ...
春 耕 の ま ず は 一 服 す ぐ 一 服 上林春松本店 新緑 / Norio.NAKAYAMA 老夫婦であろうか。準備万端。お茶から、何やらお茶うけ?おやつ?ようやく風も春になり、外で過ごすことが気分よくなった。休憩ばんざい。...
福子の 職場 いじめられ日記(3) 福子の会社には、なんと労働組合があります。 びっくりです。結構な組合費とられます。研 修もあります。呆れるような研修です。接遇 について、講師を呼んで話を聴き、実際に隣 の人と組みになってやらされます。こんなこ とは雇用側がやるべきことです。なんで組合 が、会社の代わりにこんなことまでするのか よく...
ク リ ス マ ス 場 末 の ネ オ ン な お 楽 し... くりすます ばすえのねおん なおたのし ジムのサウナ友だちに、呑み屋のママがいます。 ある日のこと、気取った客から、「中洲に比べれば、バスエだ」と言われた、失礼なと、ぷんぷん怒っていました。 まあそんなことって、話は合わせたものの、確かに中洲と比べれば、雑餉隈はバスエでしょう。 ただ、自分が...