夏 帽 子 似 合 う と 訊 か れ う ん と 言 ふ

なつぼうし にあうときかれ うんという

マフィアがかぶるような、夏帽子。
得意満面で、「どお?」
全然似合ってなくて可笑しいのだけれど、本人が、どっちにしようかと迷っているわけではなし、自信に満ちているから、似合ってないとか、こっちのほうがいいとか言う空気ではなく、いいねと言うつもりで、消極的に「うん」とうなづいてしまった。
いっしょに歩きたくない。

この句も読まれています。

秋ですと 水引き草の ご案内 水引き草は、上品な花です。 石垣の隙間などから、遠慮がちに顔を出します。 まるで秋のアナウンスのようです。...
お に ぎ り の 二 つ 出 来 れ ば 紅 葉 狩... おにぎりの ふたつでくれば もみじがり お花見も紅葉狩も、有名な場所まで出かけることはないと思うのです。 近くの公園のベンチで充分です。 おにぎりを食べる時間があれば、そんなに長居することもないのです。 秋の日和を感じ、風を感じ、紅葉の進み具合を確認して、帰って来るだけです。 これでも小さな紅葉狩...
蝸 牛(かたつむり) 来 し 方 の 歩 み 歴 然 と... かたつむりは、あのべたっとした糊のようなものを出しながら歩くから、何処を通ったのかわかる。わたしもまっしぐらに進んでいるつもりが、たぶん同じところを行ったり来たりしているのだろう。良かれと思って決めたことは、たいてい裏目に出る。なんでかな。...
暖 鳥 放 つ 優 し さ つ ひ と 見 え ぬくめどり はなつやさしさ ついとみえ おそらくハヤブサやクマタカのことだろうと言われている、仮想季語です。 猛禽類が、捕らえた小鳥の体温で、自分の身を暖め、翌朝になると、その小鳥を放してやるという話があります。 そして、小鳥の飛び去った方向へは、その日は狩りに行くことはないといいます。 こ...