夏 の 果 て 海 の 家 果 て 海 群 青

なつのはて うみのいえはて うみぐんじょう

暑い夏もどうやらかたがつき、泳ぐ人もいなくなった浜。

エメラルドとはお世辞にも言えないけれど、明るい色は去り、本来の深い青と緑っぽい色を取り戻し、寄せては返す波音も心なしか静かです。

桟橋から覗き込めば、クラゲの天下。

この句も読まれています。

百八つ 煩悩の渦 除夜の鐘 なかなか素敵な人間になれない。 まず、やさしく、次にいい意味できちんとした人間になりたいのですが、 なんか頑張っているのに、悪い人間じゃないのに、 いまいち信用されてない。 来年は、もっと考えてしゃべるようにしよう。 おもいやりのない発言を、ちょろっとすることがあるみたい。 気をつけよう。 過去の恨...
か た つ む り 吊 り 橋 は 裏 渡 り お り... かたつむり つりばしはうら わたりおり 新緑の季節、アジサイも花はまだですが、葉はみずみずしく 勢いがあり、今は珍しくなったかたつむりがその辺りに居たりします。 吊り橋は小さな穴がいっぱい空いた金属の板を連ねた危なっかしいもので、 人が気づかないウラ側に張り付いていたりします。 油断してい...
蜥蜴 (とかげ) 鳴 く 希 望 と い う よ り 野 望 あ り... Happiness is a warm rock / wolfpix 秋も極まった。あたしには 小さな望みがある。今は言 えない。正社員から、パー トになる。来月から。なる というのではない。やむな く、泣く泣くそうさせられ る。ただ物は考えようだと 思うことにした。 給料は減るが、時間が増え る。...
万 緑 や 縦 走 リ ュ ッ ク 包 み 込 み... ばんりょくや じゅうそうりゅっく つつみこみ 山ひとつ登るのでもひと苦労、一日がかりなのに、鍛えた人はちがう。 三つの山をいちどきに征服するという。 それもそのむかし修験者の修行の場だったという、岩肌に鉄のクサビの打ち込まれた山を。 樹々は猛々しく生い茂り、登山者の姿はすぐに吸い込まれていきま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください