夏 の 果 て 海 の 家 果 て 海 群 青

なつのはて うみのいえはて うみぐんじょう

暑い夏もどうやらかたがつき、泳ぐ人もいなくなった浜。

エメラルドとはお世辞にも言えないけれど、明るい色は去り、本来の深い青と緑っぽい色を取り戻し、寄せては返す波音も心なしか静かです。

桟橋から覗き込めば、クラゲの天下。

この句も読まれています。

立ち話 蚊遣りの香(こう)の 欲しき宵... 夏の井戸端会議には、蚊取り線香が必須かも。 足をばたばた叩きながらの、立ち話は大変そう。
落 ち 葉 焚 き 愛 な る も の も 共 に 焚 き... おちばたき あいなるものも ともにたき 愛を信用してない。 世間一般見渡しても、「愛してる」の結果が不倫の渦。 愛などといういかがわしいものは要らないのです。 健康は欲しいけれど。 あとはお金で、人生のかたはつく。 愛なるものがもしあるなら、お金に換算してほしい。...
蜻蛉の 先行き後行き 初の盆 初盆の家をたずねて帰る折、後になり先になりしてトンボがとぶのです。 同じトンボではないのかもしれないけれど、亡くなった人をかさねて、思い出すのです。...
遠雷の 潜(ひそ)みて町は 音立てず 遠くで、不気味な音が聞こえる。 もう来るか。 稲妻か。 激しい雨か。 空は低く、町は暗い。 人は、慌てて用事をすませて、もう動かない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください