壇 ノ 浦 悲 話 講 談 と な り 山 紅 葉

だんのうら ひわこうだんとなり やまもみぢ

合戦の話は、全国津々浦々に聞くけれど、幼な子が海に沈んだ話はほかにあろうか。

耳なし芳一が、平家の魍魎に夜な夜な呼ばれて、ビワの弾き語りをしたとされますが、このくだりに入ると、すすり泣きが波のように起きたと言います。

九州のあちこちに平家の落人伝説は多く、ぜんぶ作り話なのでしょうか。

わかりません。

またそこに後世の夢があるのかもしれません。

この句も読まれています。

呟 き も 愚 痴 も 聞 か れ し 水 引 草... つぶやきも ぐちもきかれし みずひきそう 水引草。 タデ科。 秋の初めころ、緑色の葉からすーっと伸びた花穂に紅いつぶつぶの小さい実のような小花が咲きます。 並ぶように咲く、背の低い草です。 見かけのたおやかさとは裏腹に、石垣の間などでも平気で蔓延るしぶとさを持ちます。 愚痴のひとつひとつ、溜息のひ...
ア カ シ ア に 残 留 孤 児 の 望 郷 や... あかしあに ざんりゅうこじの ぼうきょうや 中国残留日本人孤児。 次々と帰国する事業が終わってから、もうどのくらい経つものか。 わたしの記憶では、天安門事件のずっと前から始まっていて、天安門を挟んでまだしばらくは続いたと記憶しています。 一世は完全な日本人ですが、子どもや孫たちまでいっしょに...
よ く 喋 る 逃 げ 腰 見 す る 花 野 か な... よくしゃべる にげごしみする はなのかな 人間って、ウソをつくとき、離れたいとき、よくしゃべる。 聖書でも、ユダはキリストを裏切ったあとキリストによくしゃべった。 体に触った。 キリストはユダに言った。 「どうしてあなたは、わたしにそんなに親切にするのか」と。 ウソをつくと、挙動不審にな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください