土 用 波 引 い て や る よ と 波 頭

どようなみ ひいてやるよと なみがしら

晩夏、夏の土用に起こる波で、波頭が丸く、勢いが衰えにくい特徴があるそうです。

遠くに発生した台風の影響とも言われます。

感覚的には、押し寄せるチカラより、引くチカラの方がはるかに大きく、まるで沖合いに引き込むことを企てているような、邪悪な気を感じたりします。

離岸流と言われるのは、コレのことでしょうか?

ちょうど海水浴シーズンで、水の事故が全国的に報じられます。

際立つような激しさではないため、いつもの海だと油断してしまうのかもしれません。

用心です。

この句も読まれています。

犬 ふ ぐ り 吐 息 ひ と つ を 見 逃 さ ず... いぬふぐり といきひとつを みのがさず 犬ふぐり、早春の野を染める愛らしい、ホントに小さな花です。 雑草です。 花の中心は白く、花びらは水色です。 緑の葉とともに地面をおおうように広がります。...
浴衣に手桶 ホースがよろし 打ち水は... いかにもわざとらしい。 手桶でどれだけの水がまけるやら。 雰囲気と気持ちが大切と言われそうですが、 ホースでがーっとまけばよろしい。 それこそ涼しい。 手桶でまいて、終わる頃には、汗だく、はじめにまいたところは、乾いとるわい。...
摘めばもう 散るか幼き 日のフグリ... まだ幼いころ、うちに母親とばあちゃんがいた、ほんの短い日々、春の浅いころ、道端の青い小さな犬フグリの花がとても素敵に見えて、なんとか摘んで帰りたいとおもったものでした。やっと摘んでもちょっと持ち上げただけで、すぐ散ってしまう。何度も何度も挑戦したものです。 考えてみれば、あれから長い長い不幸な日々...
ごみ出して 一時(ひととき)聞いた 法師蝉... 何を勘違いしたのか、まだ七月の終わり、夜遅くごみを出したとき、ツクツクボウシと鳴く声を聞いた。あまりの暑さに 勘違いしたのか、でも聞いた瞬間ほっとした。夏が苦手な私は、昔から、お盆が過ぎると、九月になると、もうすぐもうすぐ秋が来ると、指折り数えて、待ったものです。このごろのような暑さでは、一日一日終...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください