土 用 波 引 い て や る よ と 波 頭

どようなみ ひいてやるよと なみがしら

晩夏、夏の土用に起こる波で、波頭が丸く、勢いが衰えにくい特徴があるそうです。

遠くに発生した台風の影響とも言われます。

感覚的には、押し寄せるチカラより、引くチカラの方がはるかに大きく、まるで沖合いに引き込むことを企てているような、邪悪な気を感じたりします。

離岸流と言われるのは、コレのことでしょうか?

ちょうど海水浴シーズンで、水の事故が全国的に報じられます。

際立つような激しさではないため、いつもの海だと油断してしまうのかもしれません。

用心です。

この句も読まれています。

改 札 を 抜 け 荒 星 に 守 ら る る かいさつを ぬけあらぼしに まもらるる 駅を出て改札を抜けると、吹きすさぶコガラシ。 これほどではなかろうと思っていたのだけれど、叩きつけるほどの強さと寒さ。 思わず空を見上げると、大きく光る星。 ひとつの星が、寒さにこじけた帰り道をついて来る。 月も星も、自分ひとりのものにできる、数少な...
雁の寺(1) 「雁(がん)の寺」水上勉作 1961年第45回直木賞受賞作品。 鳥獣の画を描いて、京都画壇に名をはせた岸本南嶽が死んだのは昭和8年の秋である。 岸本家は孤峯庵の檀家であり、和尚は慈海和尚と呼ばれていた。 慈念という十二、三歳の小坊主を連れていた。 死んだ岸本南嶽には、里子という妾がいた。 以前その...
紫陽花の 去年(こぞ)より深い 色いでて... あじさいは土壌によるのか、日当たりか、栄養なのか、よくわからないけど、植えた当初は白っぽくて、ひ弱だったのが、何年も放ったらかしで、裏だからろくに見もしなかったら、今年大きな株のりっぱな額アジサイになって、色は空色より濃い深みのある青に変わっていたのです。時間がたてば、少しずつよくなる。 人間とおん...
上がったり 下がったりして 秋の空 上がったり下がったりするのは、わたしの気持ち。何とかなるさとおもったり、数分後には、この先どうしようとオロオロ不安がよぎる。明日からの土日をどうして過ごそう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください