土 用 波 引 い て や る よ と 波 頭

どようなみ ひいてやるよと なみがしら

晩夏、夏の土用に起こる波で、波頭が丸く、勢いが衰えにくい特徴があるそうです。

遠くに発生した台風の影響とも言われます。

感覚的には、押し寄せるチカラより、引くチカラの方がはるかに大きく、まるで沖合いに引き込むことを企てているような、邪悪な気を感じたりします。

離岸流と言われるのは、コレのことでしょうか?

ちょうど海水浴シーズンで、水の事故が全国的に報じられます。

際立つような激しさではないため、いつもの海だと油断してしまうのかもしれません。

用心です。

この句も読まれています。

おいそれと 年月(年月)行かず 女郎花(おみなえし)... わたしは自分を、女郎花と感じる。 ほんとうはコスモスがいい。ホトトギスも魅力的。 でもなんかでかいだけのオミナエシ。 持って生まれた雰囲気は、変えたいけど、うまくいかない。 日々を賢く、生きて行くのは難しい。 人生は突発事項の連続。 その度に、呼吸しながら、正しい選択はなかなか難しく、 それが原因で...
百 穀 を 潤 す 雨 を 日 が な 見 る ひゃっこくを うるおすあめを ひがなみる 五穀豊穣をもたらすといわれる穀雨。 これを過ぎると、そろそろ田植えの準備が始まります。 寒い季節が終わりを告げ、たくさんの命が吹き返し、草花が順々に咲きます。 命をはぐくむ雨に感謝しつけられた呼び名だと思います。...
雑 炊 の 先 づ は 湯 気 か ら 啜 り 込 み... 鍋は大勢でするものだと一般に思われているようだが、わたしはひとりでもぜんぜんかまわない。 寂しくなんかない。 むしろマイペースで快適。 福引で当たった、一人鍋を愛用している。 出汁もちゃんととる。 市販の出汁など使わない。 手抜きをしないことがポイント。 残り物って感じになると、哀愁が漂う。 小さい...
スケッチの 菖蒲はなぜか 池に寝る... ていねいに描いても、寝たようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください