喪 服 持 て 駆 け つ け 帰 る 秋 暑 し

もふくもて かけつけかえる あきあつし

90を超えた親が入院したときけば、遠方から子どもたちが駆けつけます。

何度も往復できないから、みんな喪服持ちです。

ところが思いのほか体力があり、ずんずん快方に向かえば、仕事もあることだし、早々に帰って行きます。

良かったという思いと、まったく人騒がせなとアタマの隅で思いながら、暑さの中で大移動です。

おつかれさまです。

でもね、危篤にあってもつまらないものです。

話のできる今のうちに会えたこと、神さまに感謝です。

この句も読まれています。

自 転 車 の 鍵 穴 釣 瓶 落 と し か な... じてんしゃの かぎあなつるべ おとしかな 秋の日は釣瓶落とし。 完全に暮れ切る瞬間を見ようと、外を目を凝らして見ていたことがありますが、ちょっと考えごとをしてしまった瞬間に過ぎてしまいました。 到着したときはまだじゅうぶん明るかったのに、帰りは夕暮れがあっという間に暗やみになって、自転車に掛け...
木の芽和え 料理の講釈 長きこと... 出てきたお料理に、説明をしていただくのは、ありがたいのですが、まあ長々と。 熱いものは、冷めてしまう。 料理の次は、店に来た有名人の自慢話。 終わらない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
胃ろうする 秋の彼岸の 便りあり 遠く離れた地にいる、縁の薄い母が、病気が進んで、食べられなくなり、胃に穴を開けて、直接栄養のリキッドを入れる手術をすることになろうと連絡のあり。体が徐々に動かなくなる病で、五月の母の日に花を贈ったときには、かろうじて、ありがとうと言えた。もうかなり進んだのだろう。胃ろうをすれば、かなり長く生きる。身...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください