喪 服 持 て 駆 け つ け 帰 る 秋 暑 し

もふくもて かけつけかえる あきあつし

90を超えた親が入院したときけば、遠方から子どもたちが駆けつけます。

何度も往復できないから、みんな喪服持ちです。

ところが思いのほか体力があり、ずんずん快方に向かえば、仕事もあることだし、早々に帰って行きます。

良かったという思いと、まったく人騒がせなとアタマの隅で思いながら、暑さの中で大移動です。

おつかれさまです。

でもね、危篤にあってもつまらないものです。

話のできる今のうちに会えたこと、神さまに感謝です。

この句も読まれています。

奈良漬けを 肴に今年の 酒を酌む 酒蔵開き、試飲するのだけれど、一杯の今年酒に、秋の陽射しで もおかんがついたかんじ。売ってるのは、奈良漬け、酒まんじゅう、 五目飯、酒粕などなど。 秋の一日。...
まだ赤き すすきの穂にも 秋の露 秋のはじめの、まだ穂の赤いすすきが好きです。 高原ならなおさらです。 空気が澄んで、露が降りて、気分がいいのです。...
彦 星 や 今 宵 は 仕 事 と 言 ひ お い て... ひこぼしや こよいはしごとと いいおいて 一年に一回の逢瀬が、何年も続くなんて、人の世では、一部の変わった人を除いてあり得ないと思うのです。 一年は長い。 年もとる。 よそ見もする。...
気が合うと 思うたにもう 秋の風 この人とは仲良くなれると思って、すぐ裏切られることが二度続いた。なにをやっているんだろう、いい歳をして。 いままでそんなことはなかったのに。別に友達が欲しいわけでもないのに。馬鹿になったのか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください