喪 服 持 て 駆 け つ け 帰 る 秋 暑 し

もふくもて かけつけかえる あきあつし

90を超えた親が入院したときけば、遠方から子どもたちが駆けつけます。

何度も往復できないから、みんな喪服持ちです。

ところが思いのほか体力があり、ずんずん快方に向かえば、仕事もあることだし、早々に帰って行きます。

良かったという思いと、まったく人騒がせなとアタマの隅で思いながら、暑さの中で大移動です。

おつかれさまです。

でもね、危篤にあってもつまらないものです。

話のできる今のうちに会えたこと、神さまに感謝です。

この句も読まれています。

磯の香の 強し黒海苔 炙る(あぶる)とき... 寿司用の海苔を、軽く炙って、おにぎりを包む。 パアーッと磯の香りが広がる。 春が近いと感じる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
蜥 蜴 ( とかげ) 鳴 く 魔 が さ す こ と の 一 度 あ り... この人が、なんで?と思うことがある。 世の中の、小さなと言えば語弊があるが、この人がこんなことをと、周りの人間が驚く犯罪は多いに違いない。 そして、そのことで仕事を失くす、場合によっては、家庭も壊れる。 なんでこんなことをと、いちばん戸惑っているのは、本人かもしれない。 大きい小さいの差はあっても、...
いのこずち 投げて届けよ 我が想い... いのこずちは、触ったり投げたりすると、衣服にぴたっと付いて、離れません。 セーターなど毛糸ならなおさらです。 自分の想う人にあんなふうにぴたっと、伝えられたらどんなに楽だろうか。...
七草を 犬の小便 気になりて たまには、七草粥を、自分でそろえようと、 散歩に出たが、近くに畑もあぜ道もなく、 道端を探していると、犬がオシッコしてる んじゃないかと思って、何もとらずに 帰ってきた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください