問うてから 答えに間のあり 春の月

春の月、ぼんやりとおぼろ。
何か聞いて、しばらくして、返事のある、ぽやんとした人を連想する。
それはそれで、じゅうぶん魅力的です。
わたしは、ゆったりと、でもしっかりと考えてから答える、上品で誠実な人がすきです。
そうなりたいと、努力もしてはおりますが、道半ばというより、はるかです。
おっとりした印象の人間になりたいのですが、なんせ、せっかちで、雰囲気がないので、
あっさりとか、さっぱりとかよく言われて、その都度へこみます。
穏やかで、上品で、誠実で、やさしいと、一度言われたいです。
あきらめてはいません。
頑張ります。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

降 り 落 ち る も う 届 く か に 大 花 火... 花火 / hktang 好きな花火がある。大型で、金色のすじ が何本にも分かれて降り注ぐ。ただそれ だけの、単純なものだが、これといった 工夫がない分、これぞ花火という気がす る。一色で、パチパチ音がするでもなく 何段か次々に開くわけでもなくドンと一 発なのがいい。...
深 閑 を 切 り 裂 い て 狩 る 鵙 ( もず ) の 性 ( さが )... Bullheaded Shrike enjoys autumn sky / coniferconifer わりと綺麗な色をしている。まるまるとしている。虫や蛙、小さな鼠や、驚くことに小さな鳥まで襲うという。くちばしと鋭い爪が武器。獰猛で激しいのも生きるため。...
蝉しぐれ 蝉に生まれし さだめなり... せみに生まれたからには、せみの生業をしてしまうのです。 人に生まれたものは、人の生き方をするのですが、なぜか判断がまちがうことが、 あるのです。 人生は、やり直しがききませんから、あとの人生はあやまちを懺悔する日々です。...
春時雨 天地に満ちて 柳芽吹いて 春の雨はいい。まだ肌寒い季節。激しくもなく、しとしとと何日も何日も降り続く。うっとうしいと人は言うけれど、確実に 一日一日と芽吹いていく様子は心強くもあり、何があろうと変わりなく変わりなく日は移ろい、季節は変わるという当た り前のことを思い知る。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください