問うてから 答えに間のあり 春の月

春の月、ぼんやりとおぼろ。
何か聞いて、しばらくして、返事のある、ぽやんとした人を連想する。
それはそれで、じゅうぶん魅力的です。
わたしは、ゆったりと、でもしっかりと考えてから答える、上品で誠実な人がすきです。
そうなりたいと、努力もしてはおりますが、道半ばというより、はるかです。
おっとりした印象の人間になりたいのですが、なんせ、せっかちで、雰囲気がないので、
あっさりとか、さっぱりとかよく言われて、その都度へこみます。
穏やかで、上品で、誠実で、やさしいと、一度言われたいです。
あきらめてはいません。
頑張ります。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

苔 玉 に 氷 載 せ た り う だ る 日 は... R1071204 / yoppy 苔玉を作った。 園芸店で習った。 初心者だから、枝を伸ばしてその先にまた葉をつける、オリズルランの子どもあれをひとつ載せた。 花の咲かない、緑だけの苔玉は、見るに涼しい。 ときどき氷を載せてやる。 喜んでないかもしれない。 園芸店で、習ったわけじゃない。 わたしの...
え つ を 食 う 柳 川 ま で の 各 駅 停 車... 柳川 / alberth2 えつは今頃の季節だけ、筑後川にだけ昇ってくる、魚だと聞きます。 骨の多い魚で、そんなにおいしいとは思わないのですが、年に一度電車で出かけてゆくのです。 筑後平野の風景や、いっぱいに水をたたえる堀の様子や、自然に育つ水辺の植物など見ながら、ことこと電車で行くのです。...
先々の 気がかり休み 秋の空 考えても解決のつかないことばかり。 うつうつと過ごした日々は長かったけど、 この秋空を見上げて、秋の空気を吸って、 今ひととき考えることをやめようと思う。...
夕 立 ち の 男 に 呑 み 屋 傘 を 貸 し... ゆうだちの をとこにのみや かさをかし 突然の雨。 駅から飛び出し、黒いカバンを傘がわりにアタマに乗せて、家路へ急ぐサラリーマン。 ママはさすが。 「この傘どうぞ。お使いになって!」 借りた傘は返さないといけない。 いつもの通勤の道すがらに店はあるのです。 ただ返すというわけにはいきま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください