問うてから 答えに間のあり 春の月

春の月、ぼんやりとおぼろ。
何か聞いて、しばらくして、返事のある、ぽやんとした人を連想する。
それはそれで、じゅうぶん魅力的です。
わたしは、ゆったりと、でもしっかりと考えてから答える、上品で誠実な人がすきです。
そうなりたいと、努力もしてはおりますが、道半ばというより、はるかです。
おっとりした印象の人間になりたいのですが、なんせ、せっかちで、雰囲気がないので、
あっさりとか、さっぱりとかよく言われて、その都度へこみます。
穏やかで、上品で、誠実で、やさしいと、一度言われたいです。
あきらめてはいません。
頑張ります。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

心にも ない寄せ書きと 花束と 春の宴は 流れて行くに... 「異動は早くから知っていたくせに、知らん顔して」ブーイングの嵐とか 心にもないあったかい寄せ書きと花束をもらって、心にもない笑顔 生きていくって、こういうことか。...
目薬と 胃薬の好きな 男おり 人はさまざま。なくて七癖。わたしもいろいろ好き嫌いがあるし、人のことは言えないんだけど、世の中には変な人がいるもんだ。目が悪いわけではないのに、やたら目薬をさす。わたしの経験では、あれは癖になる。ちょっとスッキリするから。おなじ理由だろう。胃薬ばかりのむ。歯間ブラシの使い過ぎも知ってる。歯は隙間だら...
焼酎の 味もわからぬに 芋と言う 米だろうが、麦だろうが、芋だろうが、たいして違いもわからぬくせに、 流行りもの飲みたさに、「黒霧」なんて言う。...
ら っ き ょ う と 青 梅 売 ら れ 梅 雨 に 入 る... らっきょうと あおうめうられ つゆにいる 梅雨が近づく頃、八百屋にはらっきょうと青梅、そして紫蘇の葉が売り出されます。 わたしも、梅の実がいっぱいなったからと、漬け方を教えてもらって挑戦したことがあります。 洗ったり干したり、塩加減や何やかやと驚くほどの手間がかかります。 最近は、店には大きさの揃...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください