咲 き な が ら 散 る を 山 茶 花 躊 躇 は ず

さきながら ちるをさざんか ためらわず

今朝、サザンカが咲いているのを見つけました。

冬の始まりです。

次々と咲いて、さっさと散ることで有名です。

枯れてまでもしがみついているツツジなんかとちがって、いさぎよいところ気に入っています。

この句も読まれています。

え つ 漁 の 客 行 き 交 ふ て 船 頭 傘... えつりょうの きゃくいきこうて せんどがさ エツは、筑後川でしか採れない、うつくしい魚です。 形はナイフのように研ぎ澄まされています。 えつ漁は、五月から七月初旬までとされます。 絶滅危惧II類に指定されており、守っていかなければいけないのだそうです。 遥かむかし、筑後川の船着き場にいた、みすぼ...
竹 若 葉 熊 に 鈴 や ら 死 ん だ ふ り... たけわかば くまにすずやら しんだふり クマの被害が連日報道される今に至ってもなお、山に入るときには鈴を付けろと言う専門家と称する人がいます。 ひと昔前までは、死んだふりをしろと、まことしやかに言い伝えられたものです。 何を信じるかは、自己責任でしょうか。...
春 眠 や 夢 の 仕 上 げ は 想 ふ ま ま... しゅんみんや ゆめのしあげは おもうまま 夢は大抵、目が覚めたとたんわすれてしまうものですが、夢かうつつかぼんやりとした状態の春の眠りでは、バカみたいに都合のいい結末があったりします。 あきれたり、苦笑いしたりって感じです。...
あ っ ち こ ち よ き 顔 す れ ば 亀 の 鳴 く... 何処の世界にも、「気の合う仲間」といえば聞こえがいいけれど、度を越して派閥に近いものができたりする。 どうでもいいつまり、どちらにも嫌われたくないなら、じょうずに泳ぐしかない。 肝心な話には入らず、または聞いてないふり。 どうでもいいとこだけ、にこにこというか、へらへら参加。 この歳になって、わたし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください