咲いて散る 花の筏(いかだ)に 三度酔う

花は、蕾のうちから、人の口にのぼり、三分五分と騒がれ、そして満開を迎える。
花は、散るときも風情を漂わせ、はかなげで、美しい。
風に吹かれて、水面に散った花びらは、離れて寄って、水の流れに沿って、
人はそれを見て、またも心を打たれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください