合 格 は 島 を 出 づ こ と 初 鰹

ごうかくは しまをいづこと はつがつお

島には高校がひとつあります。

仕事をするにも、段々畑と漁業しかない島に残る子はいません。

進学するにせよ、就職するにせよとにかく夢と希望の量はそれぞれながら、みんな出て行きます。

カツオは初夏です。

カツオの初物を初ガツオと言います。

もてはやされた江戸時代、カツオが採れたのは鎌倉沖だったそうです。

夜とれたカツオを、早舟や早馬で江戸へ運び、朝のうちに売りさばいたといいます。

当時の食べ方は、刺身にしてカラシ醤油。

土佐風のタタキが広まるのは、土佐藩士が活躍した明治維新以降のことだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください