原 爆 忌 そ の 寸 前 の 普 通 の 日

げんばくき そのすんぜんの ふつうのひ

ヒロシマ、そして長崎。
8月6日、9日のその瞬間まで、戦時中とはいえ日常の生活が営まれていたはず。
弁当を持たせ、行ってきますと言い、学校や徴用された工場へ当たり前に出かけ、当たり前に送り出し。
いたずらか、運命か、多くの人が亡くなるなか、いのちを得た人もいた。
なにがちがうのか、神や仏はいるのか。
よくわからないけれど、あやしい。

この句も読まれています。

進み停まりて 蜻蛉の 秋の風道 ようやく秋、まだ気配 蜻蛉は、秋の道を見つけたように、停まったり、進んだり
子 は 育 ち ピ ア ノ は 鳴 ら ず 水 仙 花... こはそだち ぴあのはならず すいせんか 一斉に建てられた団地は、同じような世代の両親と、小学生に溢れかえって、イキイキと活気のある町でした。 今のように、働くお母さんは少なくて、幼稚園も同じ、小学校も同じママ友は、いつもいつも仲良しではなく、派閥が出来たり、 揉め事が起きたり、PTAの役員を押...
枇杷 の 花 咲 い て 寂 し さ 究 ま れ り... 山枇杷 / 天問 花がないときは、見向きもしない。可憐というより、地味な花。咲くと、よりいっそう心が凹む気がする。やつでの花より哀しい、枇杷の花。...
小正月 ぜんざいの杓(しゃく) 重くなり... あまりの寒さに、ぜんざいを作った。はじめさらさらだった小豆がだんだんとろとろになってくる。もう十分にいいだろうと思えるところまで煮詰まったら、砂糖を入れる。慌てると固くなる。砂糖を入れてしまうと、それ以上やわらかくはならないから。白玉だんごもいいけど、今の季節は餅がおいしい、それに簡単だし。餅を入れ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください