原 爆 忌 そ の 寸 前 の 普 通 の 日

げんばくき そのすんぜんの ふつうのひ

ヒロシマ、そして長崎。
8月6日、9日のその瞬間まで、戦時中とはいえ日常の生活が営まれていたはず。
弁当を持たせ、行ってきますと言い、学校や徴用された工場へ当たり前に出かけ、当たり前に送り出し。
いたずらか、運命か、多くの人が亡くなるなか、いのちを得た人もいた。
なにがちがうのか、神や仏はいるのか。
よくわからないけれど、あやしい。

この句も読まれています。

うそ寒し 人のえにしは 猫の目の 一番危ういもの、一番あてにできないものは、人間の関係です。 同性でもそう、男と女に至っては、もうはかないものです。 でも人生にはそれを理解しない、はかなさを信じない、時期があるものです。 理解しても、やっぱり踊らされ、落ち込み、わかっていてもどうにもできない時期もあります。 まだ懲りないのか、あきれ...
こ っ ち 向 け し き り 弾 け り 鳳 仙 花... わたしは、あなたが少々気になります。 べつに、好きとか、そういうのとは違います。 ちょっとだけ、お話などしてみたいなと思うだけです。 実現は、120パーセントムリです。 そんなこと、口が裂けても言えないからです。 言ったら最後です。 ストーカー扱いされるかも。 だからわたしは、あくまでも爽やかに、穏...
青 芒 昨 夜 の 雨 を 煌 め か せ あおすすき さくやのあめを きらめかせ 台風は逸れたというのに、物凄い雨が降りました。 深夜。 今朝になってみれば、まるでなかったことのように、青空です。 庭の芒には、きらきらと水滴がついていて、おそらく明け方近くまで降ったと思われます。 わたしは、この斑入りの葉の芒がとても好きで、でも年々大きく...
転 ぶ と は 棄 教 と 知 る や 寒 露 な り... ころぶとは ききょうとしるや かんろなり バテレンとは司教のことです。 フェレイラというポルトガル出身の司教は、イエズス会から高い理想を持って日本に渡ってきたと聞きます。 その頃はすでに布教は困窮を極めており、日本語にすぐれていた彼は中心になって活動していたけれど、ついに長崎にて捕まりました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください