原 爆 忌 そ の 寸 前 の 普 通 の 日

げんばくき そのすんぜんの ふつうのひ

ヒロシマ、そして長崎。
8月6日、9日のその瞬間まで、戦時中とはいえ日常の生活が営まれていたはず。
弁当を持たせ、行ってきますと言い、学校や徴用された工場へ当たり前に出かけ、当たり前に送り出し。
いたずらか、運命か、多くの人が亡くなるなか、いのちを得た人もいた。
なにがちがうのか、神や仏はいるのか。
よくわからないけれど、あやしい。

この句も読まれています。

空高し 道端地蔵の 小菊かな ふとしたところに道祖神を見つけることがある。いつ、どなたが置いたやら。つらい事があったのか。なぜかみんな赤い腹巻をして、この季節には決まって、赤や白、黄色の小菊が挿してある。今朝取ったのだろうか、みずみずしくて、勢いのある小菊である。...
働いて パーマかけたし 天の川 今日は七夕。 織姫と彦星が逢うらしい。 あたしだって、ちょっとは美しくなりたいものだ。 だんだん貧乏が身にしみてきた。...
暮れそうで いてまだ暮れぬ 春の雨... s四月、だんだん日が長くなって、夕方が楽しめる季節。長い夕暮れ、散歩するも、待ち合わせするもちょっとうきうき したり。つかの間の幸せ。春の宵のにおいが満ちている。...
お に ぎ り の 二 つ 出 来 れ ば 紅 葉 狩... おにぎりの ふたつでくれば もみじがり お花見も紅葉狩も、有名な場所まで出かけることはないと思うのです。 近くの公園のベンチで充分です。 おにぎりを食べる時間があれば、そんなに長居することもないのです。 秋の日和を感じ、風を感じ、紅葉の進み具合を確認して、帰って来るだけです。 これでも小さな紅葉狩...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください