卯 浪 立 つ 饒 舌 こ そ は 怪 し け れ

うなみたつ じょうぜつこそは あやしけれ

卯浪。
五月ごろには天候が不安定なことが多く、その頃に立つ波。

人は、誰かを裏切ったとき、よく喋ります。
有名なのはユダ。
キリストを裏切って密告します。
キリストはそれをすでに察知しており、
貴方は何故そんなに喋るのかと尋ねます。
その他の兆候としては、身体に触る、やけに明るいなどなど。
わたしの経験としては、目が泳ぐ。

この句も読まれています。

川べりの 数珠(じゅず)竹となり 滝となり... 数珠のなる植物をご存知だろうか。 昔は、線路脇や川べりなど、その辺の空き地に生い茂っていた。 けっこう背が高くなって、でもばさばさで全然きれいじゃなくて、 ただ、そのばさばさの中で、つるつるに光る数珠玉がたくさん見つかる、 子供には不思議な宝物だった。 竹林のように育ち、生い茂って、滝のように落ちて...
ひと雨で テッセン絡み 登りおり 鉄仙を上手く均等に上に伸ばしたくて、ツルがまとまらないようにしてる。朝顔と同じ。つる同士が巻きつかないように。一晩の大雨で、絡みついてしまった。やっぱりそういうものか。...
靴白く ピンヒールの 気の強さ あたしはペタンコ靴しか履いたことがない。大柄だから、いつもそれがコンプレックス。大柄が太ると、三倍デカく見える。昔、クリスマスパーティーで社交ダンスをしたことがある。小柄なオトコと踊っているのを、スペインのあのなんとかいうダンスかと思ったって言われた。バカにしてる。白い小さなピンヒールの靴で、クルク...
なお生きて 母ひりひりと 極暑なり... 幼い時に別れた母親が、遠いところで、病に臥せっている。 治るはずのない、多系統萎縮症だという。 縁の薄い親子だったと思う。 わたしは薄情だろうか。 事情はあるにせよ、必要なときに何もしてくれなかった人に、あまり情も湧いてこないのが、正直なところである。 ただ、苦しい日々が続くのは、とても可哀想で、早...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください