卯 浪 立 つ 饒 舌 こ そ は 怪 し け れ

うなみたつ じょうぜつこそは あやしけれ

卯浪。
五月ごろには天候が不安定なことが多く、その頃に立つ波。

人は、誰かを裏切ったとき、よく喋ります。
有名なのはユダ。
キリストを裏切って密告します。
キリストはそれをすでに察知しており、
貴方は何故そんなに喋るのかと尋ねます。
その他の兆候としては、身体に触る、やけに明るいなどなど。
わたしの経験としては、目が泳ぐ。

この句も読まれています。

薄氷(うすごおり) 薔薇の落ち葉は そのままに... What is hiding in the puddle? / pavlinajane 庭の窪みに氷がはった。ぱらぱらと散っていた 薔薇の落ち葉を閉じ込めて。踏めばバリッと音 をたてて砕けるのだけれど。今朝も冷えた。...
春 の 雨 樹 々 潤 し て み も ざ 打 つ... はるのあめ きごうるおして みもざうつ 春の雨です。 雨はあられに変わったようです。 多くの樹々の栄養になったには違いないのだけれど、満開のミモザには痛手かもしれない。 降るような黄色の花が、どうかしばらくそのままでいますように。...
記憶など 流してしまえ 梅の雨 梅雨の雨とは思えぬほどの豪雨、降って降って降りまくれ。野に山に浴びるほどの雨を降らせ、ついでにあの、風呂敷を頭から被りたいような昔のことも流してくれればいい。長く生きると、恥ばかり増えるような気がする。あのオトコも、死んじまえ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください