半 夏 生 毒 は き れ い な 貌 ( かお ) で 来 る

半夏生。梅雨の真っ盛りで、湿っぽく昔から毒草が生えると言われていたとか。
半夏生に収穫した野菜は食べるなとか、その日はタコを食べろとか、わけのわからない言い伝えも多いよう。
同名の植物もあり、梅雨の時期には、葉が白くなり、虫を誘うとか。
花は目だだず、穂のような形に集まっている。
ドクダミの祖先だとの説もあるらしい。
別にどうということもない草だが、毒と言われれば、そんな気がしてくるものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください