加 害 者 家 族

加害者家族 (幻冬舎新書 す 4-2)

鈴木伸元 著 幻冬社新書193

頻発する犯罪により、被害者だけでなく、その家族までもが、その後のマスコミによる取材攻撃によって、二次被害を受けることが多い。
一方で、忘れられがちだが、こうした事件の数だけ、加害者の家族も存在している。
誰もが「自分は加害者家族にはならない」と思っているはず。
加害者にならずとも、身内が罪を犯し、加害者家族になりうる可能性はあると思う。
子どもが罪を犯した親、夫や妻が罪を犯した配偶者、親が罪を犯した子ども、さらには親戚が罪を犯したという人まで含めると、一つの事件には、じつに多くの人間が関係していると言える。
本書では、いろんな、有名と言ってもいいような多くの事件を扱っているが、わたしは個人的に興味を持っている、連続幼女誘拐殺人事件ついて、説明したい。
宮崎勤の家系は、地元では名の通った家で、代々機織り工場を営んでいた。
戦後、養蚕業が衰退するにしたがって機織り工場の経営も悪化、そこで宮崎の父親が思いついたのが、ローカル情報を専門に扱う新聞の発行だった。
4つの市町村で3000部を発行するローカル紙を、祖父母も含め、一家一丸となって作っていた。
完成した紙面は、土曜の夜に一般の新聞販売店に持ち込み、日曜の朝刊といっしょに配ってもらっていた。
1989年、バブルの絶頂期だった。
幼い女の子が誘拐される事件が相次いでいた。
山中で全裸の遺体が発見されたり、被害者の自宅に、骨の一部が送りつけられたり、「今田勇子」を名乗る不気味な犯行声明がマスコミに届けられたりした。
事件は、大きく報道され、さまざまな分析が行われた。
逮捕の一報が入ると、一時間もしないうちに、新聞、テレビ、雑誌など多数のマスコミが、家に押しかけた。
父親は、インタビュー取材に必死に答えた。
親としての責任についての質問もあったと聞く。
父親は各社からの要望を聞き入れ、息子の部屋を公開した。
そして、本人が収集していた、ホラーやロリコンのビデオ雑誌などが撮影され、センセーショナルに報道された。
この日から、次第に明らかになっていった事件の猟奇性は、連日マスコミに大きく取り上げられた。
宮崎勤が、被害者の肉を食べ、血を飲んだことも晒されていった。
一ヶ月がたったとき、父親は、顔は青ざめ、げっそりと痩せこけていたという。
白髪が目立つ母親は、頬はくぼみ、実際より10歳は老けて見えた。
「針のむしろに座っている。死にたい。」「死んだらまた笑いものになる。子どもさんを亡くされた親御さんのことを思って耐えている。」
はがきや封書が、ダンボール箱に山のように積まれていた。
「おまえも死ね」「娘を殺す」差出人の名前のないものばかりで、宮崎の姉妹を狙い撃ちした嫌がらせが多かったという。
宮崎には二人の姉妹がいた。長女は事件発覚後、勤め先のスーパーを辞めた。
1989年の年末に挙式予定だったが、婚約を自ら破棄していた。
次女は、看護学校に通っていたが、退学し、看護師になる夢を絶った。
父親は五人兄弟だった。
二人の弟は、いずれも会社の役員などをしていたが、事件後に辞任。
下の弟は離婚した。
従兄弟にあたる子どもたちも、勤めを辞めた。
公的な仕事をしており、そのことを週刊誌などで、暴露的に報じられたため。
親が責められるのは、わたしはしょうがないと思う。
成人であっても、育ててきた責任があろう。
両親の不仲が原因の一つだろうという分析も多かったという。
不仲な夫婦など世間にいくらでもあるだろうに、よほど酷かったのだろうか。
両親は、責めを受けて当然としても、叔父や叔母、従兄弟に至るまでの制裁が果たして必要だろうか。
気の毒でならない。
宮崎勤の逮捕から、およそ一年、両親と二人の姉妹は、別の町に移り住んだ。
父親は印刷のアルバイト、母親はパートを始め、姉妹も職場を変えて、家族四人で、身を寄せ合って暮らしていた。
離婚して苗字は母親の旧姓を使っていた。
被害者の名前を書いた紙に向かい、毎日手を合わせていたという。
公判が始まって、四年半後、父親は多摩川の河原で発見された。
高さ30メートルの橋の上から、夜中に身を投じたとされている。
死ぬ直前、父親は、自宅のあった土地を処分する算段をつけていた。
母親とは、その後の段取りについて、何度も話し合っていた。
母親は、その遺志を継いで、土地を処分してできた現金を、四等分にし、被害者家族それぞれに、賠償として送金したという。
その金額は、遺族からすれば、大した額ではなかった。
遺書には「疲れた」とあった。
世間は、許さなかった。
「逃げた」と。
加害者の家族は、罪を犯した本人よりも、苦しむ。

宮崎勤は、今田勇子の名前で、残虐な犯罪を犯している。
精神鑑定に当たった医師、三人のうち一人が、多重人格を指摘した。
アメリカでは、10人のビリーミリガンなど、多くの多重人格の症例が報告されているという。
なぜ、もっと調べない。研究しない。
許せない悪い奴だという理由で、とっとと死刑を執行したのは、たしか、鳩山由紀夫の弟だったと思う。
兄弟揃って、短絡的だ。

この句も読まれています。

映 画 館 出 て 夕 焼 の た だ な か に... Shibuya Toei / Dick Thomas Johnson 今は少なくなった、盛り場の映画館。 暗闇から外に出て、大夕焼けに遭遇す。 まるで自分が真ん中にいるようで、見とれることしばし。 夜は違う顔を持つこの街も、路地に沿った細い川も、シャッターを開けたばかりの怪しい店も、街灯も。 みん...
山茶花の 咲き終わるまえ 散りはじめ... 山茶花の垣根にようやく花が咲き始めました。まだちらほらですが、地面にはもう散った花びらが落ちています。つぼみをふたつ小さな花器に入れて玄関に置くと、固かったつぼみがもう咲いてる。あわただしいこと。椿より小さくて、椿ほど重みもなくて、垣根によく合う手ごろな花という感じです。...
短夜に セメント橋の なつかしさ 夏至のころの、長い夕暮れに思わぬところで、セメントの小さい橋を見つけたのです。 レンガのように歴史を語るものでなく、コンクリートのように、強くもなく、小さな川をちょこっと またぐのです。 こんな風景を見つけると、お得した気分です。天気の悪い、ながい夕暮れが似合うのです。...
秋の雨 家ひそかなり 掃除する 秋の冷たい雨が朝から降っている。時々激しい。静かな家をしこしこ掃除する。好きで集めた小さな人形たち、タイプライター、ラジオ、ビクターの犬=ひとつひとつ持ち上げて拭く。ついでに柱時計のねじを巻く。ふたつのねじを、中に向けて巻かなければならない。窓の外の雨を見ながら、ときどき休憩をはさみながら、結構しっ...