出 柩 の 合 図 の 泣 い て 凌 霄 花(は な)の 落 つ

1976 Cadillac Miller-Meteor Hearse
1976 Cadillac Miller-Meteor Hearse / That Hartford Guy

あの世に旅たつ人の、最後の声のように聞く、霊柩車のクラクション。
走馬灯のように、思い出が巡る。
はなむけだろうか。
ノウゼンカズラの、オレンジのあざやかな花が落ちた。
花の形そのままに。
散るわけではなく、落ちた。
やすらかに。

この句も読まれています。

ホラーハウス Haunted House / ch.weidinger うちの近所に、なんとも説明のしにくい不可思議な 家があります。 古い家で、二階のバルコニーはもう手すりが壊れて いて、危ない状況です。 それほど大きな家ではありませんが、半分は洋館風 半分は和風です。庭は芝生。 出来た当初は豪邸と言えるもの...
ナビはもう 当てにならぬと 石蕗(つわ)の花... なんで、ここまで来て、見離す。 目的地に到達なんぞしてないだろうが。 ここのどこだ。 時間がない。汗が噴き出す。 覚えておれ、ナビ。 ありがとう石蕗の花。...
秋澄むや 出勤のごと 職安に とにかく落ち着かない。前向きなんかでは決してなく、何か次を抱えてないと不安で仕方がないだけ。不採用になったとき、次にすることや、待ってるものがないと、へこむから、外からみると、活動的で元気に見えるようだ。自分的には不安神経症だと思う。...
良 き も の が 隠 れ て お リ ぬ 忘 れ 潮... 満ち潮のとき、すっかり覆われた海岸の岩場。 引き潮できれいに水が引いてしまったあとに、水溜りのように岩の囲みの中に残っている。 春の日を受けて少し温い。 小さな魚や貝が隠れていそう。...