出 柩 の 合 図 の 泣 い て 凌 霄 花(は な)の 落 つ

1976 Cadillac Miller-Meteor Hearse
1976 Cadillac Miller-Meteor Hearse / That Hartford Guy

あの世に旅たつ人の、最後の声のように聞く、霊柩車のクラクション。
走馬灯のように、思い出が巡る。
はなむけだろうか。
ノウゼンカズラの、オレンジのあざやかな花が落ちた。
花の形そのままに。
散るわけではなく、落ちた。
やすらかに。

この句も読まれています。

秋の 夜 白 熱 灯 に 暖 を と り 世の中LEDばかり、エコで、しかも長持ちすると。 ただ、今の季節せめて食卓は、白熱灯の暖かみがほしい。 わたしの作った、しょうもない料理も、明かりのおかげで、見られるものになる。 秋刀魚に大根おろし、かぼす。最後におくらを載せて肉じゃが、なめこと豆腐の味噌汁、湯豆腐は面倒なので、冷や奴、たったこれだ...
あでやかに そろうて見せる 唐辛子... 唐辛子を縄でくくって、きれいに並べて、まるで作り物のようです。 色も大きさも微妙に違うのに、並べると絵を描いたみたいに、素敵です。...
ずれずれの 福笑いままの 顔のあり わたしは妹と仲がとても悪い。 小さい頃から要領のいい妹と、空気の読めないわたしは仲良くできなかった。 まま母に、わたしをチクることで、身の安全を確保した 妹を、わたしは今になっても許すことができない。 おそろしく目の離れた顔をしていた。ほとんど耳の上。 身長のわりに、肩幅が広かったが、顔のでかさはそ...
朱 欒 剥 く 親 指 埋 ま る よ う に し て... ざぼんむく おやゆびうまる ようにして ザボン。 木は大きく育ち、その実は、大きいものでは2キロほどにもなるといいます。 果肉が厚いことが特徴で、それを砂糖漬けにしたりもします。 少し苦味があります。 そんなですから、皮をむくのはけっこうたいへんで、両端を切り落として、親指を突っ込むようにして、...