出 柩 の 合 図 の 泣 い て 凌 霄 花(は な)の 落 つ

1976 Cadillac Miller-Meteor Hearse
1976 Cadillac Miller-Meteor Hearse / That Hartford Guy

あの世に旅たつ人の、最後の声のように聞く、霊柩車のクラクション。
走馬灯のように、思い出が巡る。
はなむけだろうか。
ノウゼンカズラの、オレンジのあざやかな花が落ちた。
花の形そのままに。
散るわけではなく、落ちた。
やすらかに。

この句も読まれています。

三 月 や ロ ー カ ル バ ス は 路 線 変 へ... ほとんど市内だけを走る地域バス。 バス会社のバスが通らない住宅街を縫って、駅や市役所、市民センター、地域でいちばん大きい病院などを右回り左回りで巡回します。 100円です。 特に高齢者には人気があって、病院などは道路沿いのバス停ではなく、玄関まで入ってくれることもあって好評です。 わたしの入っている...
沈丁花 春の宵路を そこはかと あたしは、香りの強い植物が好きです。 なぜか日が暮れかかると、いっそう香りがするような気がします。 白い沈丁花が、春のすこうしあたたかくなりかけた夜に香るのは いいものです。 どこの家かはわからない、思わず大きく息をするのです。...
一面の どくだみの花 清々し dどくだみが白い十文字のような花を咲かせた。わたしはあの漢方薬のようなにおいが好きで す。ちょこちょこ切って、玄関とトイレの小さいガラスの花瓶に挿します。...
廃 園 の 観 覧 車 冬 日 惜 し ま ず はいえんの かんらんしゃ ふゆびおしまず 遊園地は、みんなの、特に子どもの夢の場所です。 明るい声で溢れたであろう日々がかげろうのように重なります。 あちこちに大きなテーマパークが出来、昔ながらの遊園地は、どこも苦戦しているように聞きます。 その立ち姿が華やかで可愛らしく活き活きとした歓声が上がっ...