凌 霄 花 (のうぜんか) こ こ か ら 下 り 先 の 空

凌霄花
凌霄花 / zamojojo

ノウゼンカズラは、ほかの樹を頼りに
上へ上へとずんずん登りながら、キリッ
とした花を咲かせて行く。
もうこれ以上登りきれないところまで
来ると、一瞬空に手を伸ばし、空を掴
んで、さあそこから一気に下りに入る。
その最後のところで、判断するのだろう。
潔いものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください