冴返る 如月の月 歩(ほ)を速む

ビールが足りないから、買いにいった。月がでている。月なんて、ビールが足りない時しか見ない。キーンと冷え切った空気、冴え冴えとした月、寒い。

この句も読まれています。

春 昼 に 信 管 の 生 く 不 発 弾 しゅんちゅうに しんかんのいく ふはつだん 戦後半世紀を大きく過ぎて、まだときおり不発弾が見つかります。 爆発する能力がおとろえてないのです。 自衛隊が出て、危険な中シンカンとやらを取り外します。 春の暑い昼間にサクラどころではないニュースです。...
冬 ざ れ を 覆 ひ 尽 く し て ク リ ス マ ス... 昼間の生活をすっかり覆い隠して、綺麗なイルミネーションが街を飾る。わたしはあまり好きではないけれど、多くの人はうきうきと心が弾むらしい。いつごろから、この樹々に金属を巻き付け、ライトアップするようになったものか。クリスマスはショーウィンドウと遊園地と部屋の中だけでいいのではと思ったりもするが、みんな...
厄がつく もらえぬそうな 人の雛 人形は、古くから「ひとがた」といって、 持ち主の受ける災いや病気や悪いものを代りに 引き受ける役目だそうです。 だから雛人形は、新品でなければならないそう。 古いものと並べて飾るのは、いいけど 代わりにしてはいけないとか。 おそろしい…   ...
草 引 い て 犬 の ふ ぐ り は 手 の つ か ず... まだ寒さ厳しい日が続いているけれど、自然は決まったサイクルで、間違いなく針を進めている。 雑草は瞬く間に小さな庭を覆い尽くし、これ以上成長すると、もうやる気をなくすと、一念発起して朝から草取りに精を出す。 クローバーは繁殖が早く、手がつけられなくなるので、容赦なく成敗する。 四つ葉を探すなんて、とん...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください