冴返る 如月の月 歩(ほ)を速む

ビールが足りないから、買いにいった。月がでている。月なんて、ビールが足りない時しか見ない。キーンと冷え切った空気、冴え冴えとした月、寒い。

この句も読まれています。

梅 雨 冷 え に 忘 れ た き こ と の み 巡 る... 毎年、この季節になると、むかしの夢を見る。 あんまり、いいことは出てこない。 寂しい思いをしたことや、信じた人にウソをつかれたこととか。 湿度のせいかもしれない。...
自 転 車 に 冬 帽 三 つ 運 び お り じてんしゃに ふゆぼうみっつ はこびおり 昭和みたいな、めずらしい光景です。 たぶん道路交通法違反。 でもどうしようもないのです。 前籠にひとり、背中にひとり、うしろにひとり。 たくましい限りです。 こうやって四苦八苦しているうちに、子どもって成長していくのでしょう。 どうか事故になら...
枇 把 を 剥 くと きに 一 心 不 乱 な り... そろそろと傷つけないように神経を張りつめて。 我ながら馬鹿じゃないかと思う。 わたしには抱えきれないほどの悩みごとがあって、心はいつも千々に乱れている始末。 それが何故いま、必死に枇杷を剥いていられるのか。 大したことないのか。...
厄 晴 れ の 瓢 箪 寒 苦 な ほ 軽 ふ やくばれの ひょうたんかんく なおかるう 厄払いというのがあって、年齢が決まっています。 幾つか忘れたけれど。 オトコとオンナで違ったりおんなじだったりするようです。 神社の裏に、いっぱい漆塗りのひょうたんがぶら下げてあるのは、その厄を閉じ込めたもののようです。 生のひょうたんだから よく見ると形...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください