冬 芒 下 ろ し の 風 に 傾 き て

ふゆすすき おろしのかぜに かたぶきて

ここまで、ススキ一色とは。

細い川を挟んで、両岸の広い広い土地は、まったく手付かず。

ススキに覆われ、高い山から吹き下ろす風は強く、毎日毎日、朝から晩まで吹いているものだから、大きく反対方向に傾いています。

白い穂が斜めに斜めにかしいで、風の強さを知らしめています。

寂しいというわけではありませんが、あらがうことのできない定めを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください