冬 林 檎 ひ と つ 覚 へ の 兎 跳 ね

むかしのこと。
弁当のおかずに困ったとき、どうしてもすき間が埋まらないとき
耳のついたうさぎを押し込んだ。
思い起こせば、あんな日もこんな日もあった。
青森産の大きな林檎を前に、これしかないのかと、周りを窺うこのごろ。
こんな日が来るなんて、思いもよらないことだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください