冬木立 深い孤独に 身を寄せて

すばらしかった秋の紅葉ももうお終い。すっくと立った大木はもうすっかり葉を落として、枝の先まで見通せる。寂しいと思うことがある。さみしさには強いつもりだけど、ときどきどっと来る。だからってどうしようもないんだけど。

この句も読まれています。

檸檬とは こんなに大きく 連なって... 檸檬とは、手の届かないくらい大きな木に、みかんのように実がなるものと 思っていました。鉢植えの檸檬の木にも、りっぱな実が連なってなっているのを見て、 驚きました。...
蝉 時 雨 泡 い っ ぱ い に 茶 を 点 つ る... せみしぐれ あわいっぱいに ちゃをたつる 裏千家は泡を立てませんが、表は泡が立つように、空気を巻き込むように茶せんを動かします。 灼熱地獄、ジージーワンワンと蝉はほぼ一日中鳴きわめきます。 セミと張り合うわけではないけれど、限界まで茶せんを回してしまいます。...
達 磨 さ ん 起 く こ と な ら ず 大 暑 か な... だるまさん おくことならず たいしょかな この暑さはなに? 「起き上がりコボシ」と呼ばれるオモチャでさえも、倒れたらそのままではなかろうかと思うほどの暑さ。 プールでも熱中症が当たり前に起きるらしい。 ツクツクボウシを待ちわびている。...
梅 雨 を 遣 る ( やる ) 姿 勢 正 し く 立 葵 ( たちあおい )... 立葵 / sor 立葵が咲き出した。 下の方から咲き出して、いちばん上まで咲いたら、梅雨が終わると言い伝え。 花に自覚があろうはずもないけれど、梅雨を過ごすことがお務めのように言われ、少々の雨ではへこたれない。 1mから1m50、直立した花で、倒れているのを見たことがない。 毅然としていて見事。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください