冬木立 深い孤独に 身を寄せて

すばらしかった秋の紅葉ももうお終い。すっくと立った大木はもうすっかり葉を落として、枝の先まで見通せる。寂しいと思うことがある。さみしさには強いつもりだけど、ときどきどっと来る。だからってどうしようもないんだけど。

この句も読まれています。

木の芽和え 料理の講釈 長きこと... 出てきたお料理に、説明をしていただくのは、ありがたいのですが、まあ長々と。 熱いものは、冷めてしまう。 料理の次は、店に来た有名人の自慢話。 終わらない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
彼 岸 来 し 卓 袱 台 (ちゃぶだい) の 脚 畳 む 音... 脚をぎこぎこぱたぱたたたむ丸い木製の、昔ながらのちゃぶ台風の小さなテーブルを愛用している。 食卓より落ち着く。 ご飯もここ。 最近始めた、小物製作もここ。 何もしなくても、出してるだけでもいい。 此処から、小さな、庭というのもおこがましい外もよく見える。 小さかった木々が、長い時間を経て、それぞれ大...
水 引 草 コ ン ク リ ー  ト に 咲 き し 花... みずひきそう コンクリートに さきしはな コンクリートに花が咲くわけはないんだけれど、細いひび割れから果敢に顔を出して、一人前に育っているのを見ると、頑張ったねと思います。...
新着の 求人はなし 秋紅葉 ハローワークにもすっかり慣れて、新着だけ見れば充分となりました。ほんの二分? iPhoneからの投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください