冬木立 深い孤独に 身を寄せて

すばらしかった秋の紅葉ももうお終い。すっくと立った大木はもうすっかり葉を落として、枝の先まで見通せる。寂しいと思うことがある。さみしさには強いつもりだけど、ときどきどっと来る。だからってどうしようもないんだけど。

この句も読まれています。

愛 さ れ て 育 て ら れ し が わ か る 桃... あいされて そだてられしが わかるもも 岡山県産。 みごとな黄色。 傷ひとつないうえに、うっすらうぶ毛に覆われていてうつくしい。 みずみずしくて、水蜜桃って、こんなのかな。...
生 来 の 器 用 貧 乏 犬 ふ ぐ り せいらいの きようびんぼう いぬふぐり 器用貧乏。 何事も一応はうまくこなせるため、ひとつ事に徹底出来ず、かえって大成しない人のことを言うそうです。 1914年の芥川龍之介の処女作にこの言葉があったことから、この手の人物は昔からおり、そしてむかしからそういう呼ばれ方をしていたもようです。 あ...
と ん ぼ 来 て 橋 の 欄干 少 し 先 Autumn darter (Matsudo, Chiba, Japan) / t-mizo 橋の欄干から、手を伸ばせば届き そうな距離にとんぼ。逃げるわけ でも、寄ってくるわけでもなく、 行ったり来たり留まったり好き勝 手。夕暮れの始まる一番いい時間。...
竹 の秋 五 百 羅 漢 を 日 陰 に し hotoke / Presidente 佐賀の小城に、鍋島の殿様三代を祀った神社があり、覗くだけで、立ち入り禁止なんだけど、その手前におそらくは家来とおぼしき五百羅漢が鎮座しており、年月を経て、ずいぶんと苔むしている。 周囲は広い竹林で、ほとんど一日中日陰である。首をはねられた仏もたくさんいる。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください