冬ごもり 白熱灯の 熱帯びて

もう白熱灯は売らないらしい。節電じゃないし。
これで最後。
冬の白熱灯はいい。
熱を持って、ご飯がおいしく見えるし。
なにより、ほのぼのする。
きれいに掃除した部屋で、ストーブにお湯がしゅんしゅんと沸いている。
ほんとは火鉢が欲しいんだけど、一酸化炭素中毒になりそうでやめてる。
小さな丸テーブル(脚折りたたみ)を出して、ビール飲みながら、テレビ見る。
子供用のお茶碗くらいの、小さな花瓶に山茶花を一輪。これが幸せ。
これだけで幸せ。

この句も読まれています。

秋の暮 係留されし ボート小屋 貸しボート屋のボートが、冬の間店じまいして、ボートが裏向けて繋がれているのは なんとも寂しい光景です。 いよいよ冬がくるのです。 心構えをするのです。...
葉桜の 日々たくましく 雄々しかり 花の終わった桜の変貌はすばらしい。 花蕊の付いた薄紅いとき、若葉のとき、そして五月に入り薄緑から深い緑に、柔らかい若葉は 硬い葉に成長する。もう誰も見向きもしないし、一面に雑草が生い茂るが、ものともしない。...
冬 ざ れ の 各 駅 停 車 あ の 日 ま で... ふゆざれの かくえきていしゃ あのひまで 懐かしい、懐かしすぎる 街には、多くの場合楽しい想い出だけが残っているわけではないと、わたしだけではなく、一般的にもそうではないかと想像します。 あれもこれも含めての想い出なのです。 もういまの生活では、訪れる機会のない、遠い街に、たまたまその先に用ができ...
昔雛 (むかしびな)たまごのような おかしさよ... ひな祭りである。人形というのは、その時々の美人を反映するものらしく、最近のものは、少しぺったんこの愛くるしいお顔のものが多いように思う。そこへいくと、名家というところにある歴史のあるおひなさまは、のっぺらぼうというか、たまごのようなわりと大きな顔に細い細い目とおちょぼ口で吹き出しそうな顔をしていると...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください