免 れ ぬ 水 禍 に 馳 せ る 桃 並 ぶ

まぬかれぬ すいかにはせる ももならぶ

たいへんな災害が続いたこの夏。

果物の産地は何処も、摘果を前にさんざんなことになりました。

わずかに災いを免れた桃やブドウが店先に並びます。

まだまだ立ち直れない故郷に想いを馳せながら。

この句も読まれています。

秋 の 日 や 黒 板 知 ら ぬ 子 ら ば か り... 私たちのころは、当番がいて、黒板消しを外で、ぱたぱた叩いて、チョークの粉をとばしたものだ。 先生方は、それぞれに木製のチョーク箱を持っていて、当番は授業の始まる前に、わざわざ職員室に行き、教科書やらチョーク箱を教室に運ばされた。 自分で、持って来ればいいのに。 それが当たり前だった。 そのチョークの...
新 藁( しんわら) の 日 向 の 匂 い 深 々 と... 稲刈りが終わったら、新しい今年の藁が、山のように積まれる。 顔を突っ込むと、お日さまの匂い。干した布団の匂いに近いかもしれない。 無事に稲刈りが終わったとの証明の匂い。...
本 題 に 入 れ ず 行 き 来 の 冬 の 波... わたしには、小学校にあがる前からの友だちがひとりいる。 幼稚園は別々であったにもかかわらず、家が近いせいかよく一緒に遊んだ。 小学校、中学と同じ学校に進み、幾度か同じクラスで過ごした。 彼女は、色彩感覚豊かで、とても絵がうまかった。 教室に、一度に四枚も彼女の絵が貼り出されたこともあった。 参観日に...
きりきりと 今宵は確かに 霜夜なり... 夜更け、寒さが違うと感じる日があります。 雪か霜か、外は何か降っている。 そんな朝は、白い息を吐きながら、雨戸を開けると、一面の霜、もう冬の真っ只中。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください