免 れ ぬ 水 禍 に 馳 せ る 桃 並 ぶ

まぬかれぬ すいかにはせる ももならぶ

たいへんな災害が続いたこの夏。

果物の産地は何処も、摘果を前にさんざんなことになりました。

わずかに災いを免れた桃やブドウが店先に並びます。

まだまだ立ち直れない故郷に想いを馳せながら。

この句も読まれています。

秋寒し 彼岸の花も 遠く無く 田んぼの畦道に咲いていた彼岸花も散ってしまい、ドライフラワーのような形見を残すのみ。いつの間にかセーターを出していた。日に日に夜が早くなる。...
スケッチの 菖蒲はなぜか 池に寝る... ていねいに描いても、寝たようになる。
更 衣 へ (ころもがえ) 見 舞 う た 笑 う た こ の 服 で... father #7 / Yosuke WATANABE / 渡邉 陽介 去年の今頃、軽い気持ちで見舞いに行った。 顔色は悪くなかった。 軽口をたたいて、退院はいつかとか、節制がなってないとか、医者に厳しさが足りないとか。 いい人だった。 穏やかな、人懐っこい笑顔が浮かんでしょうがない。...
蟷 螂 の 背 中 掻 く ご と 雄 喰 ら ふ... とうろうの せなかかくごと おすくらう カマキリのことです。 共喰いといっても、メスがオスを食べるのです。 反対はないのです。 ケンカするわけではなく、たぶん背後からガツガツばりばりと。 まるで背中を流してやるように。 なんでそんなことになるのか不思議です。 ちょっと面白い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください