免 れ ぬ 水 禍 に 馳 せ る 桃 並 ぶ

まぬかれぬ すいかにはせる ももならぶ

たいへんな災害が続いたこの夏。

果物の産地は何処も、摘果を前にさんざんなことになりました。

わずかに災いを免れた桃やブドウが店先に並びます。

まだまだ立ち直れない故郷に想いを馳せながら。

この句も読まれています。

田植え機の 糸に沿うこと 見惚れ(みほれ)おり... 100523_taue_akita / ivva よおく見て気がついた。まっすぐに田植えするために、糸を張っている。そこまで精密にやるとは思っていなかった。田植え機は、その糸に沿ってまっすぐに進む。稲はきっちりと植わる。少しくらい曲がったっていいじゃないかとも思うけれど。むかしはどうだったのだろう。...
相 槌 を そ れ だ け で 良 し 冬 の 夜... あいづちを それだけでよし ふゆのよる クリスマスイブだという。 テレビが壊れました。 部品がないかもっていうので、買い換えることにしたのですが、なかなか到着しません。 こんなにもテレビに依存していたのかと呆れる始末。 しょうがないので、手仕事をしながら、プライムビデオとか、撮り溜めていた...
冬 帽 子 目 深 に 怖 い も の は 無 し... ふゆぼうし まぶかに こわいものはなし たいていは近所のいちばん近いスーパーで、買い物をします。 たぶん、いっぱいいろんな知り合いと出会っていると思うのです。 わたしは周りを見ない歩き方をマスターしていますので、わざわざ声を掛けてくださる方以外は、見えません。 商品しか見ない歩き方です。 よけいな...
花粉症 ふんどしみたいな マスクして... 電車に乗った。花粉症なのか、風邪なのかでかいマスクを見た。笑いそうになって困った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください