免 れ し 水 禍 に 涙 桃 並 ぶ

まぬかれし すいかになみだ ももならぶ

たいへんな災害が続いたこの夏。

果物の産地は何処も、摘果を前にさんざんなことになりました。

わずかに災いを免れた桃やブドウが店先に並びます。

まだまだ立ち直れない故郷に想いを馳せながら。

この句も読まれています。

シャッターが おりて深夜の もがり笛... 心にシャッターがおりた。音をたてて。ふざけるな。人を馬鹿にするな。もうおしまい。
野 分 か な 風 の 止 ま れ ば (やまれば) 蝉 鳴 け り... 台風は、何処を過ぎているのか。 雨がおかしな降り方をする。風 はない。狂ったように降ったか と思えば、ピタッと止んで青空 が見える。直ちに蝉が反応する。 降り出せば止む。上がれば鳴き だす。おかしなものだ。わたしは ツクツクボウシの声を心待ちにし ている、毎年。秋の気配を一番に 受けとめたいから。...
極 暑 に は 蝉 一 瞬 を 沈 黙 す ごくしょには せみいっしゅんを ちんもくす 早朝からそれはそれはうるさく鳴いていたセミがなぜかそろって無音になることがあります。 どうしてだかわかりません。 忘れたころにまた再開です。 暑過ぎるからでしょうか。...
だからとて 何も手つかず 秋日和 月曜日に面接で、選考結果まで、一週間と書いてある。 今日は金曜日。まだ❓ 心が弱いから、お酒を買った。 米と書いてあったから、米焼酎と思って買ったら、ただのお酒だった。 つまらん。 徹底的についてない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください