保 養 院 秋 日 影 成 す 鉄 格 子

ほよういん あきびかげなす てつごうし

杉田久女。

俳人。

鹿児島出身。

明治半ば〜昭和21年没

美術教師と結婚するも、家庭不和や恩師である高浜虚子に破門されるなど多難な人生であったらしい。

長く県立筑紫保養院(現在の太宰府病院 精神科)に、戦中戦後の栄養障害とそれに起因する腎臓病で入院。

入院先が精神病院であったため、当時いろいろなウワサも飛び交ったとのこと。

たぐいまれな才能も充分に発揮できないまま没す。

「谺(こだま)して山ほととぎす欲しいまゝ」

英彦山を詠んだと言われています。

この句も読まれています。

小判鮫 寒の水にも 増殖す 強い人間にぺたりと張り付いて、ご機嫌伺いばかりしている輩は、いつの時代にも、どこにもいるようです。 小判鮫は、寒さなんかに負けません。 わたしは、彼らとは、民族がちがうと、思うようにしています。 ただちょっと気になるのは、わたしは、小判鮫に反応しすぎていないかということです。 人がどう動こうが、関係...
蕾もう 開くことなく しゃくやくの... 芍薬の花、白に近いうすいピンクの色。 咲き始めは華やかで、次から次あふれんばかりの大きな芍薬の花が咲き誇って、それは豪華絢爛。 なのにある時からぱたっと咲かなくなった。 蕾はついているのに、咲かなくなった。 あたしの可愛くない妹みたい。 降る星のごとくあった縁談が、継母といっしょになって、ああだこう...
春 の 月 遠 い 昔 の 恋 仇 ( こいがたき )... 満月- Fullmoon / emrank あれだけきんきんぷんぷん、穏やかでいられなかったものが、年月が過ぎれば、なんでもない。 なつかしささえ感じる。まず第一に、奪い合うほどのオトコか。 そんないい男は存在するのか。 わたしは知らない。 あんな時代もあった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください