保 養 院 秋 日 影 成 す 鉄 格 子

ほよういん あきびかげなす てつごうし

杉田久女。

俳人。

鹿児島出身。

明治半ば〜昭和21年没

美術教師と結婚するも、家庭不和や恩師である高浜虚子に破門されるなど多難な人生であったらしい。

長く県立筑紫保養院(現在の太宰府病院 精神科)に、戦中戦後の栄養障害とそれに起因する腎臓病で入院。

入院先が精神病院であったため、当時いろいろなウワサも飛び交ったとのこと。

たぐいまれな才能も充分に発揮できないまま没す。

「谺(こだま)して山ほととぎす欲しいまゝ」

英彦山を詠んだと言われています。

この句も読まれています。

平 貝 は 痛 風 の 元 有 明 海 タイラギは つうふうのもと ありあけかい 有明海に生息します。 大きな三角形の貝で、貝柱はもちろん、ワタと呼ばれる内臓も美味です。 もともと庶民の食べ物です。 むかしはよく採れて、升で量り売りをしており、父は毎日というほど、丼で食べておりました。 わたしも大好きでした。 だんだん値段が上がり、諫早...
垣倒れ 白薔薇小薔薇 覆いくる よく見る、木の薄い板を合わせた茶色の柵、雨で腐ったのでしょう。 昨夜の嵐のような風で倒れたのだろう。 薔薇が落ちてきて、通るのが大変...
黒葡萄(ぶどう)  押し頂いて まず仏... 大きな房、黒々と光る一粒一粒。 硝子の皿に載せ、一瞬仏壇へ。
凩 や 投 函  コ ト リ 音 聞 き て こがらしや とうかんコトリ おとききて 大切な人に手紙を書く。 赤いポストに投函する。 ポストの底に落ちた証拠のコトリという音を聞くまで落ち着かない。 ついでに、郵便屋さんが集めにくる時間も確認して帰る。 寒いほどいいような気がして。 今年はじめてのコガラシが、ピューピュー音をたてる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください