保 養 院 秋 日 影 成 す 鉄 格 子

ほよういん あきびかげなす てつごうし

杉田久女。

俳人。

鹿児島出身。

明治半ば〜昭和21年没

美術教師と結婚するも、家庭不和や恩師である高浜虚子に破門されるなど多難な人生であったらしい。

長く県立筑紫保養院(現在の太宰府病院 精神科)に、戦中戦後の栄養障害とそれに起因する腎臓病で入院。

入院先が精神病院であったため、当時いろいろなウワサも飛び交ったとのこと。

たぐいまれな才能も充分に発揮できないまま没す。

「谺(こだま)して山ほととぎす欲しいまゝ」

英彦山を詠んだと言われています。

この句も読まれています。

台風に 備える 少しときめいて 水を貯める。 雨戸を閉める。 植木鉢を下ろす。 さあ、来いって感じです。
鈴 の ご と 鳴 く ば バ ッ タ も 振 り 向 か る... すずのごと なくばばったも ふりむかる 人間のことですが、心の美しい人になれと、言われて育った世代です。 見かけが美しければ、心は自然と付いてくる、心だけ求めてもそれは酷というものだと、ずいぶん時間が経ってから学習しました。 鈴虫の如く上品で、か弱くあれば、人は手を差し伸べずにはおれない。 感謝の...
池の鯉 大夕立に 怖れなす 叩きつける雨。 大粒。 池が波立つ。 鯉は喜ぶかと思いきや、湖底に身を潜めているようだ。
地には我 空に雁行く 束でも一羽 いまわたしはひとり、ここにいる。 空には雁が、群れをなして渡っていく。 それはただ集まって飛んでいくだけ。 一羽一羽の集まり、一羽が脱落したからって、仲間が助けるわけでもなかろう。 人間といっしょ、所詮ひとり、所詮一羽...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください