保 養 院 秋 日 影 成 す 鉄 格 子

ほよういん あきびかげなす てつごうし

杉田久女。

俳人。

鹿児島出身。

明治半ば〜昭和21年没

美術教師と結婚するも、家庭不和や恩師である高浜虚子に破門されるなど多難な人生であったらしい。

長く県立筑紫保養院(現在の太宰府病院 精神科)に、戦中戦後の栄養障害とそれに起因する腎臓病で入院。

入院先が精神病院であったため、当時いろいろなウワサも飛び交ったとのこと。

たぐいまれな才能も充分に発揮できないまま没す。

「谺(こだま)して山ほととぎす欲しいまゝ」

英彦山を詠んだと言われています。

この句も読まれています。

掃 除 す る た だ 水 仙 を 活 く る た め... 庭に咲いた水仙を活けたい。 まずは掃除。 何がなんでも掃除から始まる。 掃除って馬鹿にならないと、いつも思っている。 片付けたり、埃を取り除いたりすることは、まちがいなく心の健康に貢献する。 やたらと物が増えないように。 何か増やしたら、何か捨てるように心掛けている。 掃除が済んだら、鋏を持って庭に...
盆 波 の 寄 せ 来 る 浜 に 立 ち 居 た り... ぼんなみの よせくるはまに たちいたり 盆に寄せる波は、亡くなったあの人この人を想い出させます。 もっと話せばよかった。 忙しさにかまけて、そのうちそのうちと思っているうちに、病を得て、そうなるともう自然ではいられなくなります。 顔色を見ながら、言葉を選びながら、本音で話すことは出来なくなり...
桂 川 ( けえしぇん ) と 車 掌 の 訛 り 矢 車 草... けえしぇんと しゃしょうのなまり やぐるまそう 筑豊本線、何故か今は、福北ゆたか線 わたしが子どもの頃、先生のこと「しぇんしぇえ」と呼ぶ子がいた。 何にもおかしくなかった。 最近の子どもたちは方言も使わないし、アクセントも標準。 あの震災のときも、年寄りだけが方言で、独特のアクセント、子どもたちは...
砂 吐 か す 浅 利 に 難 し き 顔 す すなはかす あさりにむずかしき かおす たかがアサリの砂抜き。 これを立派に成功させたこと、人生にほんの数回。 テレビやネットや本も見て、塩分濃度や暗いところに置くやらいろいろ試してはいるのですが、なんで誰でもできる簡単なことができないのか。 ただ、今は売るときにはきれいにしてあって、昔のよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください