伴 奏 の 入 る ハ モ 二 カ 春 高 楼

ハーモニカ
ハーモニカ / azuki_leaf

伴奏を入れて、ハーモニカを吹ける人を尊敬する。
みんな、何処で習ったわけでもなく出来るらしい。
「荒城の月」春高楼の夜半の月、今頃かな。

この句も読まれています。

竹 の秋 五 百 羅 漢 を 日 陰 に し hotoke / Presidente 佐賀の小城に、鍋島の殿様三代を祀った神社があり、覗くだけで、立ち入り禁止なんだけど、その手前におそらくは家来とおぼしき五百羅漢が鎮座しており、年月を経て、ずいぶんと苔むしている。 周囲は広い竹林で、ほとんど一日中日陰である。首をはねられた仏もたくさんいる。 ...
台風の 進路になりたき 心地もす 子供のころから台風が好きです。用もないのに、玄関の外に出て、一瞬激しい風と雨に打たれたりしました。地響きのするような豪雨で、すべてを洗い流せるような気がするのです。人には言いません。「それてよかったですねえ」と言います。あたしは今失業中です。部屋の中を大掃除中です。台所も、押入れも。断捨離実行中です...
行く春を 見上げ見下ろし 建設の エレベーターの 夜も更けて... マンションの建設現場に建設資材を上げるための、エレベーターが上がったり下りたりします。 そのたびに決まった音楽が流れます。たぶん事故のないよう、動いているよのサインなのでしょう。 まだ桜が蕾もつけないうちから、いまでは散ってしまって、葉桜になって、それでも音楽は止みません。 朝は七時前から、夜は九時...
万 緑 の 滴 り い ず れ 大 滝 へ ばんりょくの したたりいずれ おおたきへ 大河も最初の一滴から。 深山の、糸のような細い、流れとも言えない水が、長い距離、長い時間をかけ、小川になり、ホタルを育み、湧き水として有り難がられ、豆腐屋やそば屋に使われ、本流に近づきやがては合流します。 平野と言われる広い水田を潤し、飲み水になり、導...