休 講 の 掲 示 黄 落 プ ラ タ ナ ス

きゅうこうの けいじこうらく プラタナス

プラタナスの並木。

高さは20〜30mにもなります。

若葉のころ、そして生い茂った夏の季節もステキながら、落葉のころには、高い空からまるで雪が降るように、サクラが花を散らすように、色づいた葉が時間をかけて舞い落ちて、それはそれは見惚れるほどです。

プラタナスには大学が似合います。

広大な構内に向けて、門から一直線にプラタナスの並木があり、中の人も外の人も楽しませてくれます。

どんなに高名な先生の、引き込まれる講義でも、休講の魅力には勝てないこと、時代が変わってもおんなじでしょうか。

レベル次第でしょうか。

そろそろ秋たけなわです。

この句も読まれています。

先々の 気がかり休み 秋の空 考えても解決のつかないことばかり。 うつうつと過ごした日々は長かったけど、 この秋空を見上げて、秋の空気を吸って、 今ひととき考えることをやめようと思う。...
垣根から 顔を覗かせ 水引草 赤い小さな花がまるで水引のような水引草。控えめながらしぶとい。ほとんど土がないと思われる石垣やコンクリートの隙間から、今頃の季節になると、顔を覗かせる。秋もそろそろたけなわか。昨日は一日、古い着物をほどいて、ドライで洗って、干して、アイロンかけた。失業中でなけりゃできないことを、見つけてしている。今...
霾 を 洗 い 流 せ と 小 糠 雨 つちふるを あらいながせと こぬかあめ つちふるとは、黄砂の古い呼び方とか。 ゴビ砂漠あたり、中央アジアから海を超えて飛んできていた、まあ春の名物だったものが、中国を経由するあたりで、身体に良からぬ物質とくっ付き、以前とは比較にならない量となり、風流とか季節感とか言ってられない状況のようです。 ...
来た道の 辛さ集めて 波の花 冬の海は暗くて、厳しい。あまり明るいことは考えられないもの。過ぎてきた季節を、歩いてきた道を想うとき、辛かったことが走馬灯のようにつらつらと浮かぶものです。それにしても冬の海はいい。風は強いほうがいい。波がぶつかり合い、波の花が出来るほど、寒いのがいい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください