休 講 の 掲 示 黄 落 プ ラ タ ナ ス

きゅうこうの けいじこうらく プラタナス

プラタナスの並木。

高さは20〜30mにもなります。

若葉のころ、そして生い茂った夏の季節もステキながら、落葉のころには、高い空からまるで雪が降るように、サクラが花を散らすように、色づいた葉が時間をかけて舞い落ちて、それはそれは見惚れるほどです。

プラタナスには大学が似合います。

広大な構内に向けて、門から一直線にプラタナスの並木があり、中の人も外の人も楽しませてくれます。

どんなに高名な先生の、引き込まれる講義でも、休講の魅力には勝てないこと、時代が変わってもおんなじでしょうか。

レベル次第でしょうか。

そろそろ秋たけなわです。

この句も読まれています。

捨 て 案 山 子 納 屋 の 奥 よ り 引 き 出 さ れ... すてかかし なやのおくより ひきだされ 昨年、お役目が終わってからは、無惨に放置され忘れ去られていたカカシに出番がまいりました。 骨組みを補強し、衣装を替え、帽子も心なしか格上げされ、化粧などほどこされ、いい気分です。 米作りは、これからが総仕上げでしょう。 人間と見まがうような、立派なカカ...
来 世 に は 寂 し さ 知 ら ず 青 葉 木 菟... らいせには さびしさしらず あおばずく 犬もそうみたいだけれど、人間の大きな弱点は、寂しさを感じるところだと思います。 世間の第一線でバリバリ仕事をしてきた人、家族を思い、そのために人生の多くを費やしてきた人、子どもや孫に恵まれて幸せな人が、年をとってきたら、どちらも「寂しい」と言うのには驚きまし...
長雨に 忘れたいこと のみ巡る 梅雨の長雨、雨の音を聞くために、窓を少し開けて寝る。大好きな季節なのに、もう忘れてしまった遠い昔の夢をみる。もういいのに。思い出せば、今でもやっぱり辛いのに。...
蕾もう 開くことなく しゃくやくの... 芍薬の花、白に近いうすいピンクの色。 咲き始めは華やかで、次から次あふれんばかりの大きな芍薬の花が咲き誇って、それは豪華絢爛。 なのにある時からぱたっと咲かなくなった。 蕾はついているのに、咲かなくなった。 あたしの可愛くない妹みたい。 降る星のごとくあった縁談が、継母といっしょになって、ああだこう...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください