休 講 の 掲 示 黄 落 プ ラ タ ナ ス

きゅうこうの けいじこうらく プラタナス

プラタナスの並木。

高さは20〜30mにもなります。

若葉のころ、そして生い茂った夏の季節もステキながら、落葉のころには、高い空からまるで雪が降るように、サクラが花を散らすように、色づいた葉が時間をかけて舞い落ちて、それはそれは見惚れるほどです。

プラタナスには大学が似合います。

広大な構内に向けて、門から一直線にプラタナスの並木があり、中の人も外の人も楽しませてくれます。

どんなに高名な先生の、引き込まれる講義でも、休講の魅力には勝てないこと、時代が変わってもおんなじでしょうか。

レベル次第でしょうか。

そろそろ秋たけなわです。

この句も読まれています。

牛車引く 秋の大祭 道真忌 菅原道真の遺体を乗せた牛車が、停まったところが大宰府だという。 榎社と天満宮を結ぶ秋の田舎道を、雅楽の演奏とともにそぞろ歩く。 九月半ばのこと。...
新 し き 絵 の 具 捻 り し 今 朝 の 秋... あたらしき えのぐひねりし けさのあき 机の上を片付けて、手を拭くタオルを湿らせて、きれいな水を入れて準備完了。 座布団に正座して、絵の具の蓋を開け、色を決め、やおら小さな蓋を捻り、逆さま向けて蓋の尖った部分でちょっと押すと、銀色のカバーが少しだけ開き、色が出てきます。 新しいものをおろすときは、...
千 年 の 銀 杏 青 空  舞 ひ 落 ち ず せんねんの いちょうあおぞら まいおちず 樹齢千年は超えると言われる大イチョウ。 高さも大きさも迫力です。 黄色になった葉は、ストンと落ちるわけではなく、あの高さからくるくると舞いながら、風に吹かれながら、時間をかけて落ちてきます。 空が青いから、まさに小鳥のようです。...
郵便の バイクのリズム 風薫る ブーンと音を立てて、郵便屋さんのバイクの音、間をおかずまたブーンときて、 エンジンをかけたまま停止している音、その繰り返しが、穏やかな日常を 与えられている幸福感といえば大袈裟だが、安堵感はある。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください