休 講 の 掲 示 黄 落 プ ラ タ ナ ス

きゅうこうの けいじこうらく プラタナス

プラタナスの並木。

高さは20〜30mにもなります。

若葉のころ、そして生い茂った夏の季節もステキながら、落葉のころには、高い空からまるで雪が降るように、サクラが花を散らすように、色づいた葉が時間をかけて舞い落ちて、それはそれは見惚れるほどです。

プラタナスには大学が似合います。

広大な構内に向けて、門から一直線にプラタナスの並木があり、中の人も外の人も楽しませてくれます。

どんなに高名な先生の、引き込まれる講義でも、休講の魅力には勝てないこと、時代が変わってもおんなじでしょうか。

レベル次第でしょうか。

そろそろ秋たけなわです。

この句も読まれています。

森 繁 久 彌 ト ー ク シ ョ ー 〈 お 客 様 : 杉 村 春 子 〉... ケーブルで、森繁久彌トークショーのシリーズを見つけた。 各界の著名人を招いて、一回30分の、つまり「徹子の部屋」の森繁版といった趣きである。 まずは、ゲスト杉村春子。 大好きな役者で、今まで白黒の映画やドラマをいっぱい観てきた。 「女の一生」など、代表作といわれる作品は多いけれど、わたしの中のピカ...
絡まって 地べたにへばって 枯れ落ち葉... 落ち葉掃きもたいへんである。箒に絡まってくっついてまわるし、アスファルトの地面にペタッと張り付いて離れない、ムカつくことばかりなり。 iPhoneからの投稿...
初詣 太鼓橋の裾(すそ) 傍(わき)の道 大勢の人がまっすぐ本殿を目指してひたすら歩く。 見渡せば、太鼓橋の登り口の少し手前に、小さな祠(ほこら)があり、その裏に まるでけもの道のような、舗装もされない細い道を見つけた。 広い境内には、立派な建物が幾つもあって、おみくじを引く人、写真を撮る人 石の牛を撫でる人などさまざま。裏に回る人はいない...
欄 干 に 凭 れ て ( もたれて ) 土 筆 の 袴 取 り... 小さな川の土手を歩くと、もういたるところに土筆が顔を出していました。 顔を出しているというより、大きく育っていて、中には15センチはあろうかというものまで。 土手の下の方までいっぱいで、なるべく人の通らない所で、摘んで来ました。 10年ぶりくらいで、土筆のおひたしにしました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください