追悼 伊藤通明 先生

伊藤通明先生 ・ 自句自註
「 曼 珠 沙 華 ほ う ほ う と 野 の 煙 出 し 」

先月亡くなった伊藤通明先生の昭和34年の作品。
わたしは縁がなく、お目にかかることがないまま、亡くなった。
気になった「野の煙出し」とは、現在の国立福岡東病院。
そのむかし結核療養所 清光園の火葬場の煙突から煙が出ている様子を読んだものとか。
療養所に火葬場を併設するほど、患者が亡くなったのか、それとも結核という病が世間に疎まれてのことか。
長い時間が経ち、もはや確かめる術もない。
多くの著名人がこの病を得て亡くなった。
高杉晋作、正岡子規、堀辰雄、ヴィヴィアンリー、滝廉太郎、石川啄木、竹久夢二‥
空気感染し、感染力も強かったと聞く。
国民病または亡国病とよばれていたとか。
現在に至るも、患者がいなくなったわけではない。
ただ治る病にはなりつつあると言えるらしい。
罹患すれば、法律で隔離病棟に入ること義務付けられている。
わたしの祖父にあたる人も、この病で、30代半ばで死んでいる。
さぞや無念だったろう。
そして祖母は、子どもを育てるため、馬車馬のごとく働いたと、後になって弔辞で聞いた。
精いっぱい努力しただろうその人生は、傍目にも幸せとは言えないものだった。

この句も読まれています。

空低く アガパンサスの 花火咲く 梅雨の花アガパンサスは薄い紫色の、まるで地味な花火のよう。けっこう大きな花なのに、群生なのにあまり目立たない静かないで立ち、低い雲に似合う梅雨の花火。...
真 贋 ( しんがん ) の 怪 し さ 忘 れ 春 の 雪... 茶碗。 本阿弥光悦作の名品だって。 ニセモノだろう。 そうに決まっている。 まったくうちの婆さんほどの見栄っ張りは見たことがない。 わかっていて嘘をつく。 見栄っ張り。 この劣悪な遺伝子は確実に受け継がれている。 しょうもない家なのに、遠い遠いはるか遠くの血すじの人間の自慢話をする。 何処の家にも、...
炬 燵 寝 に 息 し て お る か 確 か む る... こたつねに いきしておるか たしかむる 足元が暖かいうえに、ふかふかの布団をのせているものだから、年寄りでなくとも眠くなるものです。 あまりに長いと、心臓が止まったんじゃないかなどと、ふっと不安になったり。 考えようでは、このまま成仏できれば、痛みもなく、穏やかに静かな往生ではあります。 本...
きりきりと ブレーキ軋む(きしむ) 冬の夜... わたしは、傷つかないと思われているらしい。適当に言って、言った瞬間忘れるみたい。キリっきりっとネジが締まる音がする。レベル1、薬なしで回復するか。もうわかるようになった。」...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください