追悼 伊藤通明 先生

伊藤通明先生 ・ 自句自註
「 曼 珠 沙 華 ほ う ほ う と 野 の 煙 出 し 」

先月亡くなった伊藤通明先生の昭和34年の作品。
わたしは縁がなく、お目にかかることがないまま、亡くなった。
気になった「野の煙出し」とは、現在の国立福岡東病院。
そのむかし結核療養所 清光園の火葬場の煙突から煙が出ている様子を読んだものとか。
療養所に火葬場を併設するほど、患者が亡くなったのか、それとも結核という病が世間に疎まれてのことか。
長い時間が経ち、もはや確かめる術もない。
多くの著名人がこの病を得て亡くなった。
高杉晋作、正岡子規、堀辰雄、ヴィヴィアンリー、滝廉太郎、石川啄木、竹久夢二‥
空気感染し、感染力も強かったと聞く。
国民病または亡国病とよばれていたとか。
現在に至るも、患者がいなくなったわけではない。
ただ治る病にはなりつつあると言えるらしい。
罹患すれば、法律で隔離病棟に入ること義務付けられている。
わたしの祖父にあたる人も、この病で、30代半ばで死んでいる。
さぞや無念だったろう。
そして祖母は、子どもを育てるため、馬車馬のごとく働いたと、後になって弔辞で聞いた。
精いっぱい努力しただろうその人生は、傍目にも幸せとは言えないものだった。

この句も読まれています。

交通取り締まり 右折禁止のところを、右折してしまった。 パトカーに捕まった。 仕方ない。 どこがどう悪いのか、じゅうじゅう承知しているのだから。 大人なんだから、罰金か、お説教かどちらかにしてもらいたいものだが、しかたない。 うしろに乗せられてお説教。疑問に思ったことがあって、質問した。 どうしてここで右折禁止なの...
本 箱 は り ん ご 箱 と て 当 た り 前... ほんばこは りんごばことて あたりまえ 小学生の頃、木製の勉強机は普通だったけれど、その上に、包装紙で自分で化粧貼りした、りんご箱を置いて使っていました。 四畳の部屋に妹と二人。 別に当たり前だと思っていました。 父親は公務員だったけれど、身の程知らずで子どもは三人もいて、生活は貧しかった。 蚕小...
言 ひ 足 ら ず 説 明 し 過 ぎ て 寒 の 水... 言葉足らずで誤解を生んだのではないかと心配になって、ちょっと言い訳がましくなって言わなくていいことまで言い、こんなことまで自分のこと喋ることはなかったと後悔することがあります。 そんなときは、「今更悔やんでもしょうがない。これからは、挨拶以外は一生黙っていよう」と、思うのだけれど、そうもいきません。...
明 け て 鳴 く ち ち ろ そ れ ほ ど 寂 し い か... あけてなく ちちろそれほど さみしいか ちちろとはコオロギのことです。 秋の虫は夕方から夜にかけて、うるさいほど鳴き続けます。 それも夜が明けてくれば、次第におさまるものです。 今朝はもう6時をとっくに過ぎたというのに、一匹だけいつまでも泣き止まないコオロギがいるようです。 人の世もさまざまです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください