代 田 今 荘 厳 と な り 水 鏡

しろたいま そうごんとなり みずかがみ

米づくりには、八十八の手間がかかると俗ににいわれます。

田植え前の田に水を張り、昔は牛馬、いまはトラクターや耕運機で掻いたあと、農具を使って田の表面をならす。

これをシロカキといいます。

そのシロカキが終わったあとの、田植えを待つばかりとなった田をシロタとよびます。

シロタとなった田は、一面水をたたえた景に一転します。

水面がぴたりと神秘的に静かで、山や空を映しだすさまは見とれるほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください