代 替 わ る ま で の 一 時 (いっとき) 空 き 屋 梅 雨

八百屋
八百屋 / beve4

長い時を経て、子どもを育て、学校を出し、その子どもが
働き出し、親は年をとり今はどうしているのやら。
家は古くなり、此処のところしばらくは誰も住んでない。
人が住まなくなれば、家は荒れる。梅雨の長雨は板塀に染み込み
庭は草がぼうぼう。そのうち代が替わり、また子育てが始まるだろう。
また活気のある町になるにちがいない。
夏祭りには、盆踊りが賑やかに輪を作るはず。
代替わりを待つ家が、其処彼処。
この町は、いつからこんなに静かになってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください