代 々 の 珠 数 (じゅず ) 百 均 に あ り 候 う ( そうろう )

100円ショップのふくさとお数珠
100円ショップのふくさとお数珠 / yto

先祖代々のお数珠だという。
上等もんだと、こころして扱えと言われた。
そのつもりで、袱紗( ふくさ )に包んで、後生大事にしまってきた。
今日、洋裁で使う、A4の画用紙を、百均に買いに寄ったところ、冠婚葬祭用の黒ネクタイの横に、おんなじ数珠が、ぶら下げてあった。
たぶん中身や、材質はちがうのだろうけど、見かけは、まったく同じ、見分けのつかないものだった。
くそ。
百均にやられたというより、ばあさんにだまされた気分。

この句も読まれています。

砂 吐 き て あ さ り の 油 断 水 温 む ( ぬるむ )... 適度な塩加減だったのだろう。 足というのか排水孔というのか、あさりはすっかりくつろいだようす。 もうすぐ酒蒸しにされる。 暖かくなって、身の入りもよくふっくら太って美味しそう。...
万年筆 付いてかすれて 秋夜長 万年筆で手紙など書くこともなくなった。 なぜか、達筆はより達筆に、下手くそはより下手くそに見える。 長く放っておいた暑中見舞いの返事を書く。 梨の絵の葉書に、絵を除けて書いた。 ちょっとだけ。...
色街の 柳にもたれて 福禄寿(ふくろくじゅ)... 七福神のひとり、福禄寿さま。 人間の幸せは、血のつながった子どもを持つこと、財産 健康的な長寿だと。ついでにきっとドスケベにちがいない。 色街との境を示す枝垂れ柳にもたれかかっているのが見える。 まったくオトコはどうしようもない。...
サー カ ス の う し ろ は い つ も 大 枯 野... circus / potaufeu むかし矢野サーカス、キノシタサーカスはたしか今もあるようです。何故か哀愁を感じるのです。ボリショイサーカスには、そんな感傷は感じなかったのですが、日本のサーカスは、どんな人が、いくつの頃から、どんな稽古を積んだのだろうとか、どうしてもむかしのイメージが払拭できない...