代 々 の 珠 数 (じゅず ) 百 均 に あ り 候 う ( そうろう )

100円ショップのふくさとお数珠
100円ショップのふくさとお数珠 / yto

先祖代々のお数珠だという。
上等もんだと、こころして扱えと言われた。
そのつもりで、袱紗( ふくさ )に包んで、後生大事にしまってきた。
今日、洋裁で使う、A4の画用紙を、百均に買いに寄ったところ、冠婚葬祭用の黒ネクタイの横に、おんなじ数珠が、ぶら下げてあった。
たぶん中身や、材質はちがうのだろうけど、見かけは、まったく同じ、見分けのつかないものだった。
くそ。
百均にやられたというより、ばあさんにだまされた気分。

この句も読まれています。

石 橋 に 古 き 村 の 名 長 き 梅 雨 いしばしに ふるきむらのな ながきつゆ 町村合併で、親しんだ名前が消えてしまった。 田舎の取り残されたような、古い石橋の小さな欄干にその名を見つけたときは、ちょっと感激でした。 しっかり掘られてはいるものの、苔むして、わざわざでないとよく見えませんでしたが。...
藍空に カステラのごと 秋の月 風呂帰り、ピリピリに冷えたビールを、まるで熱いものを運ぶように、右手に左手にほいほい持ち替えながら、空には童話のようなお月さま。濃い濃い山吹色、まるでカステラ。まだ暮れきれない藍色の空に。虫の声あり。秋の冷えあり...
幸せを したため年賀の 嘘八百 wわたしは毎年、特別な年賀状を一通だけ書く。その一通のために、文章を考え、図案を考え、パソコンと奮闘し、もうよれよれに疲れる。幼児虐待して育ててくれた継母に、思いつく限りの幸せを享受しているかのごとき、嘘八百の{幸せ年賀状}写真つき。きっと完全に信じていると思う。恨み言を書き綴るより、よっぽどへこむ...
寒 夕 焼 水 平 線 を 発 信 源 用事を済ませて帰ろうと外に出た。 冬の夕焼け。 空気が冷たいから、より発色がいいような気がする。 出どころは海。 海の彼方から扇状に広がって、青空と雲を巻き込んで茜色。 もう間もなく早い夕暮れが迫る。 この空に逢えて、今日はよかった。...