代 々 の 珠 数 (じゅず ) 百 均 に あ り 候 う ( そうろう )

100円ショップのふくさとお数珠
100円ショップのふくさとお数珠 / yto

先祖代々のお数珠だという。
上等もんだと、こころして扱えと言われた。
そのつもりで、袱紗( ふくさ )に包んで、後生大事にしまってきた。
今日、洋裁で使う、A4の画用紙を、百均に買いに寄ったところ、冠婚葬祭用の黒ネクタイの横に、おんなじ数珠が、ぶら下げてあった。
たぶん中身や、材質はちがうのだろうけど、見かけは、まったく同じ、見分けのつかないものだった。
くそ。
百均にやられたというより、ばあさんにだまされた気分。

この句も読まれています。

雁 渡 る 海 へ 出 ず れ ば な お 高 く... かりわたるうみへいずれば なおたかく 高層ビルやマンション、電線など、団体で空を飛ぶには障害物が多い陸地を離れ、なんの妨げもない海へ出ると、いちだんと高く、そして隊列を整え、特に急ぐでもなく、悠然と遠い空を渡っていく。 旅立つに当たって、充分な準備がなされたのか、家族は無事か、鳥だから自分さえ元気...
踏み固む 近道急ぐ 秋の暮れ 道ではないところに、みんなが通るから道が出来てしまっている場所がある。長い街路樹の隙間、芝を張った広場のななめ道、いつもはそんな道は通らないんだけど、日の落ちるのが早い秋の夕暮れは急ぎ足になって、そんな近道をしてしまう。別に急ぐこともないのに。大好きな季節の、好きな時間なのに、なんで急いでしまうんだ...
色 溢 れ 惜 し み な く 降 り 紅 葉 渓... いろあふれ おしみなくふり もみじだに 窪地になった坂道を登ったり下りたり、上を見ながら歩いていると、紅葉の落ち葉が降るように落ちてきます。 赤だったり、黄色だったり、色様々で夢のようです。 すき間には高くて青い秋の空が見え、紅葉はいちだんと映えます。...
吾 亦 紅 今 日 や る こ と は 明 日 に す... われもこう きょうやることは あしたにす ワレモコウという、秋の草というか、アレは花なのか、かわいくはあるのだけれど、あまのじゃくで言うことをきかないワンパクボウズのような風情の植物があります。 手ごろで、アクセントになるからか、秋のささやかな花束には、付け足しのように組み込まれています。 面...