今生の 別れと知るか 秋の日に

人生には、何気なく遠ざかってしまった別れもたくさんあるものですが、もはや生きて逢うことはあるまいと、わかって
いて、それでもそんなことはおくびにも出さず、笑って手を振る別れがあるものだと知りました。心臓の奥に涙がポタポ
タ落ちて、溜まるのが感じられるのです。泣いて笑うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください