今日もまた どうにか暮れし 春深し

一日が終わる。
大きなためいきがでる。
後になって、悔やむことが多い。
昨日の、飲み会、自分だけしゃべりすぎたんじゃないかな。
みんな楽しんだかな。
なんかあきれられたんじゃないかな。
あたしは、ついつい気を許して、警戒を解きすぎるところがある。
誰かを傷つけてないか。
普通なら、楽しかったねとか、メール来るのに
誰からも来ないし
いっつもこんな
馬鹿ね。
アタシ

この句も読まれています。

ゆ く あ て の な し と 聞 こ え て 虎 落 笛 (もがりぶえ)... 冬の烈風が、垣根や電線、竹垣や柵などに吹きつけて、まるで笛のような音を出すことを虎落笛というらしい。 わたしにはこれが、人の声のように聞こえてならない。 辛いことほど、人には言えない。 ほんとに困ったら、人は無口になる。 相談相手などこの世にはいない。 相談機関などあてにならない。 最悪は身内かもし...
話したき 人ふたりあり 炎暑の盆に ... どうしても自分が納得できない、なぜこうなったか、なぜ親に捨てられたのか。解決できないことを解決しないと、前へ進めない。いつもいつも考えているわけではないけど、聞きたいことが山ほどある。子供を馬鹿にするでない。母親には手紙を出したけど、動けなくなった今では、気の毒なことをしたのかもしれない。なんでいつ...
あるだけの アクセサリーか 敬老日... まあ、あれほど着飾るものかと感心します。人間歳をとると、持ち物をひけらかすようになるのでしょうか。
秋 茜 碑 文 の 文 字 の 小 さ さ よ あきあかね ひぶんのもじの ちいささよ 有名なものも、人知れず置かれたものも、古来より大きな石に彫られた碑文に出会うことは多いです。 伝えたいことがたくさんあるのはわかるのですが、時が経てば深く彫られた文字も浅くなり、小さな文字は、いちだんと小さく読みにくくなる気がします。 古い書物を読む能力...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください