今日もまた どうにか暮れし 春深し

一日が終わる。
大きなためいきがでる。
後になって、悔やむことが多い。
昨日の、飲み会、自分だけしゃべりすぎたんじゃないかな。
みんな楽しんだかな。
なんかあきれられたんじゃないかな。
あたしは、ついつい気を許して、警戒を解きすぎるところがある。
誰かを傷つけてないか。
普通なら、楽しかったねとか、メール来るのに
誰からも来ないし
いっつもこんな
馬鹿ね。
アタシ

この句も読まれています。

秋になり なつかしと思うは 我ひとり... 秋になると、秋の風が吹き、つい昔のことを思いだしたりするものです。 20年も経って、もういいかなと思って、ただ懐かしいだけで、電話したのに、 居留守までつかわなくてもいいじゃないの。...
藤 棚 の 下 人 混 み に ぽ つ ね ん と... ふじだなの もとひとごみに ぽつねんと 藤の名所はなぜか神社やお寺が多いようです。 あちこちが、藤の房の長さを競い、何処も人でごった返しています。 人混みにひとりでいるのも悪くはなく、もちろん寂しくもなく、若葉の風に吹かれる心地よさを満喫しました。 自生する山の藤以外の藤には、さして興味もなく、よ...
乳 母 日 傘 わ か ら ぬ ま ま に 犬 ふ ぐ り... おんばひがさ わからぬままに いぬふぐり おんばひがさ、子ども特に幼児が宝物のように大切に、過保護気味に育てられること。 乳母に抱かれ、日傘をさされという意味で、決して悪いイミではありません。 人も動物も、その生涯はけっして平等などではなく、うらやんでもいいことはひとつもないので、あきらめて受...
秋 暑 し 神 の 手 求 め 診 察 券 Palms read (運命鑑定) / onigiri-kun ひと月に二回だけ、東京から 神の手を持つといわれる医者 が来ると評判の病院。裏から 手を回そうにも、ツテのない 人々が、すがる思いで、予約 に長い列を作る。神の手がど れほどのものか。確かにそう であっても、あとのフォロー はないに等...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください