今日もまた どうにか暮れし 春深し

一日が終わる。
大きなためいきがでる。
後になって、悔やむことが多い。
昨日の、飲み会、自分だけしゃべりすぎたんじゃないかな。
みんな楽しんだかな。
なんかあきれられたんじゃないかな。
あたしは、ついつい気を許して、警戒を解きすぎるところがある。
誰かを傷つけてないか。
普通なら、楽しかったねとか、メール来るのに
誰からも来ないし
いっつもこんな
馬鹿ね。
アタシ

この句も読まれています。

万緑を 削るな国立 博物館 できる前は静かな町だった。 小さな歴史資料館はあった。 周りは傾斜のある、細い道に沿って、家々が軒を並べる。 大宰府天満宮の喧騒はよそに、小さな生活が息づく静かな町だった。 今はもう、何処が何処なのか。 大きな道路、駐車場。 山は何倍も削られ、すべてが変わってしまった。 天満宮とエスカレーターで結び...
大振りの 茶碗蒸し抱く 凍れる(しばれる)手... 茶碗蒸しが好きです。小さな丼に、普通サイズの倍くらいの 茶碗蒸しを作った。大きいから、火加減がむずかしい。 上は巣が入ったようになって、したの方は固まらずってのが 最悪。とろとろと時間をかけて作る。もう少し具材が豪華 ならいいんだけど。それでも温まる。これだけで充分。...
合 格 は 島 を 出 づ こ と 初 鰹 ごうかくは しまをいづこと はつがつお 島には高校がひとつあります。 仕事をするにも、段々畑と漁業しかない島に残る子はいません。 進学するにせよ、就職するにせよとにかく夢と希望の量はそれぞれながら、みんな出て行きます。 カツオは初夏です。 カツオの初物を初ガツオと言います。 もてはやされ...
卒 業 や 学 び 舎 (まなびや ) 遥 か 遠 眼 鏡... 学校は遥か、小さいメダルのように遠くに在りて偲ぶものかもしれない。 もう二度と同じように集うことはない。 昨日までとは違うことを、すぐに肌で感じとるに違いない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください