人生に クラっと落ちる 日照りあり

人は、おおよそ普段ならしないようなことをしてしまうことがある。
魔がさすというのは当たらない。
大きな磁気のようなものに頭のてっぺんを引っ張られるように、おかしなことをしてしまうことが一度だけあるような気がする。
後の人生は、その後始末。
人生は何度でもやり直しがきくなんて、真っ赤な嘘。
ようやっと、手をついて、起き上がり、ぼちぼちと歩き出すしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください