五 右 衛 門 の 釜 茹 で の ご とト マ ト 剥 く

ごえもんの かまゆでのごと とまとむく

トマトの湯むき。

沸騰したお湯にトマトを入れ、数秒後に冷水に取ると、皮がつるりとむけます。

そうまでして、トマトの皮が気にいらないなら、食べなきゃいいのに。

ビタミンもなにもあったものではありません。

パスタなどに使ったとき、皮だけが口に残るのを嫌がってのことでしょう。

イヤになるほど神経質に思えるのですが。

この句も読まれています。

秘 す る な ら つ ま ら ぬ 男 龍 の 玉... ひするなら つまらぬおとこ りゅうのたま 龍のひげと呼ばれる、何処にでもある一年中緑色の、地面に張り付き枯れることもないありふれた、細い10センチくらいの葉の塊のような植物があります。 冬の今ごろには、その深い葉の奥に、青い緑がかった小さな宝石のような玉を付けます。 「龍の玉」と呼ばれます。 葉を...
野焼きあり 懸案事項と 離別する Open burning 野焼き / urawa 火をつける人も、火をつける機会など、そうそうあるものではないだろう。めらめらと燃え広がっているのはわかるけれど、はじめのうち炎は見えない。見えない炎が、見えないままに広がる様は恐ろしい。全ては消防の言うとおり。そんなに危ないなら、風物詩をやめて、仕事...
遠い日の 大根の花 こむらさき ほんとにほんとに幼い日、私はままごとが好きだった。材料はいつも決まって、大根の花、春菊の花、大根独特のに おいが懐かしく、大根を切るたびに思い出す。ほかにもいろいろあっただろうが、思い出せない。私は母親を5歳で なくした、なくしたならまだいいのかもしれないが、5歳のある日から、虐待の毎日で、むかしの...
食 べ て け と 熱 々 の 餅 牛 の 梅 熱々の出来たての梅ヶ枝餅を食べながら、赤煉瓦のトンネルを目指す。 飛梅は、いつもと同じように黒光りの牛とともにそこにあり、人が増えたこと以外むかしと何も変わらない。 お石茶屋は、その由来を知ってか知らずか、店の外まで人で溢れ、そのわりには続くトンネルに人影はない。 筥崎で生まれたわたしが、何の縁で此...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください