二 十 世 紀 梨 の 緑 も 熟 れ き り て

にじゅっせいき なしのみどりも うれきりて

九州では見かけることのない、鳥取の二十世紀と名前のついた、うす緑の小ぶりの梨。

ずいぶん前に亡くなった生母が毎年この季節になると、送ってくれていました。

「血は水よりも濃い」というけれど、いちばんたいへんな時に、助けてくれなかった肉親は、それだけのものでしかないというのが、寂しいけれどわたしの実感です。

なぜ、父親が引き取って、あの継母に育てさせたのか、虐待につながること容易に想像できたはず。

母親が引き取って、養育費を取ればよかったじゃないか。

ウスウスでも、虐待に気づいていた父は、外ヅラが良く、外の人間関係に逃げ、じっくり確かめることすらせずにというか、できなくて、継母の手前、三番目の、再婚でできた妹ばかりかわいがった。

55歳で死んだ。

もっと早く死んでよかった。

この句も読まれています。

毒 ガ ス の 歴 史 は 知 ら ぬ 紅 葉 狩 り... どくがすの れきしはしらぬ もみじがり 大久野島。 瀬戸内海の小島。 戦前よりほぼ全島域が国有地。 明治初期欧州列強の艦船の進行に備えるため要塞が置かれたとか。 日清日露に備えられたものの、そのときは一度も使われていないらしい。 現在も、戦争の遺構として保全されています。 昭和初期から...
春日傘 少し小ぶりに 斜め差し もう今の季節に日傘は必需品、あたしはお顔がよくないけど、決してあきらめてはいないのです。日焼けは美容の敵、チカラを尽くして、歳を重ねるのはいいけれど、投げてはいけないと思うのです。...
枝垂れつつ 芽吹く柳の 若葉かな 桜より柳、川沿いの柳並木はすばらしい。わくわくします。芽が出るとすぐ自分の重みで枝垂れる感じです。若葉はうすい黄緑色、小さな筒の花火のようです。...
暮 れ て よ り 薄 目 の 木菟 ( ずく ) は 首 回 す... 木の葉木菟、種類が違うのだろうか青葉木菟。 夜行性で、木の幹の穴や、野うさぎの掘った土穴を寝ぐらにするという。 夕刻もう遅くに通りかかった空き地の塀に居た。 驚いた。 耳は立っており、眼は瞑っているかに見えたが、薄目を開けていた。 通り過ぎると、ぎょっとするほど、首をこちらに回している。 ふくろうの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください