二 十 世 紀 梨 の 緑 も 熟 れ き り て

にじゅっせいき なしのみどりも うれきりて

九州では見かけることのない、鳥取の二十世紀と名前のついた、うす緑の小ぶりの梨。

ずいぶん前に亡くなった生母が毎年この季節になると、送ってくれていました。

「血は水よりも濃い」というけれど、いちばんたいへんな時に、助けてくれなかった肉親は、それだけのものでしかないというのが、寂しいけれどわたしの実感です。

なぜ、父親が引き取って、あの継母に育てさせたのか、虐待につながること容易に想像できたはず。

母親が引き取って、養育費を取ればよかったじゃないか。

ウスウスでも、虐待に気づいていた父は、外ヅラが良く、外の人間関係に逃げ、じっくり確かめることすらせずにというか、できなくて、継母の手前、三番目の、再婚でできた妹ばかりかわいがった。

55歳で死んだ。

もっと早く死んでよかった。

この句も読まれています。

冬日向 先ずひとときの 布団干し 冬の日は短い。 それでも、ほんのひととき布団を干す。たいして効果はないかもしれないけど、わずかに冬のお日さまの匂いがする。 iPhoneからの投稿...
牛車引く 秋の大祭 道真忌 菅原道真の遺体を乗せた牛車が、停まったところが大宰府だという。 榎社と天満宮を結ぶ秋の田舎道を、雅楽の演奏とともにそぞろ歩く。 九月半ばのこと。...
隣 家 解 く 薫 風 大 い に 渡 り お り... りんかとく くんぷうおおいに わたりおり となりの家が解体されました。 子どもが独立し、家を出て、ご主人が逝去され、一人暮らしだった奥さまが施設に入所され、無事売れたそうです。 今まで窓を開ければ、となりの窓だった所が、パアッと大きな空間になり、入らなかった風が思いっきり吹き抜けています。 ...
肩 で 息 幼 な ハ モ ニ カ あ ま り り す... かたでいき おさなはもにか あまりりす ラリ ラリ ラリラ 調べは アマリリス 小学校の低学年。 初めてハーモニカで演奏した思い出があります。 深呼吸して、音を出すと同時に、くびをこくこく振って吹く様子は、練習の、まさに成果といった趣きで、りっぱなものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください