主なき 家を知るのか 夏の草

人が住まなくなると、あっという間に家は荒れる。
別に毎日庭を歩き回ってることもないのに、
空き家の草は、何倍も伸びる気がする。

この句も読まれています。

年明けて 気を取り直し もう少し なんともならない一年が、終わった。昨日と同じ今日なんだけど、新しい年だというから、ぼちぼち頑張ってみようかとも思う。 iPhoneからの投稿...
気がつけば 人想いおり 春時雨... 雨はいい。わたしは雨が降るさまを見るのが好きです。何にも考えてないつもりが、ふとした瞬間、ある人のことを考えてたりして、自分でもびっくりすることがある。あたしはそんなことからは卒業したのですから、今さら何を考えているんだろうと、自分に呆れたりするのです。...
枝 つ ま み 桜 桃 空 に 透 か し た り... えだつまみ おうとうそらに すかしたり 佐藤錦。 紛れもなく日本原産のさくらんぼ。 アメリカ産のチェリーも濃い赤紫が魅力的ではあるけど、だいぶ遅れてようやくスーパーで佐藤錦におめにかかることができます。 山形産です。 オレンジとも赤ともつかない、ちょうど中間の色。 5センチくらいの緑色の強くて細い...
水 落 ち て 寒 鮒 釣 る や 白 秋 忌 北原白秋。 現在の福岡県柳川市生れ。 近代の日本を代表する詩人であり、詩、童謡、短歌、新民謡、数々の校歌、そして「城ヶ島の雨」 柳川の海産物問屋、(当時は主に酒造を業としていた) に生まれ、伝習館中学在学時成績下落のため落第。 この頃より詩歌に熱中、上京早稲田大学英文科予科入学。 類稀なる才能を発揮...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください