主なき 家を知るのか 夏の草

人が住まなくなると、あっという間に家は荒れる。
別に毎日庭を歩き回ってることもないのに、
空き家の草は、何倍も伸びる気がする。

この句も読まれています。

洗 い 張 り 記 憶 ひ と つ の 母 の 逝 く... わたしは、母と5歳の時に別れた。 父親が、本気でオンナを作り、収入のない母は、追い出された格好だ。 着物の好きな人で、普段着も着物だった。 着るだけではなく、縫ってもいたようで、着物をほどいて洗い、平たい細長い板に貼りつける、洗い張りというものをしていたのを覚えている。 あとは、誕生日に茶巾寿司を作...
ああしても こう動いても 蟻地獄 ... ついてないときは、努力しても、頑張っても、どうしようもない気がします。 人生の蟻地獄です。
緑 蔭 の 只 中 に あ り 小 学 校 りょくいんの ただなかにあり しょうがっこう 平屋である。 山すそにある。 蝉時雨の只中に、世間の炎昼とは縁のない小さい小学校。 分校ながら、よくわからないけれどr、イキイキしている。 遠く耳納連山。 正しくあれ。 優しくあれ。...
大 根 葉 刻 め ば 遠 き 春 の こ と だいこんば きざめばとおき はるのこと 大根の葉。 刻むと、肺の中いっぱいに春が広がる気持ちになります。 香りが強くて、心が洗われる気がするのは、ハーブ類は別として、他には水仙、沈丁花、クチナシ、金木犀くらいでしょうか。 なかでも、わたしにとって、大根は特別です。 花も香りも大好きです。 たった四...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください