主なき 家を知るのか 夏の草

人が住まなくなると、あっという間に家は荒れる。
別に毎日庭を歩き回ってることもないのに、
空き家の草は、何倍も伸びる気がする。

この句も読まれています。

春隣 薄曇なり 小雨なり 春はもうすぐ隣。 それでも冷たい雨は降る、吹雪のような風が吹く。 なかなかすっとはいかないもの。 必ず来ると、わかっているなら、楽なもの。 人はあさって春が来ることが、わからない。 夜明け前の暗闇がわからない。 それに、春はまだまだ来ないこともあるんだもの。...
蟇(ひき)のごと 鳴いてもみたし 昼下がり... あたしは、文句が言いやすい人格のようで、あれやこれや注意ばっかり。 3sだって。清潔、爽やか、シンプルだと。 華美は断じて良くないと。 自分はなんや。真っ赤や、赤と白と青のチェック着てくるやないか。 いい加減にしろ。 力関係で、一言も反論できない。 ひきがえるになって、ウゲアウグア低い声で、返事代わ...
今朝の雨 受けて弾いて(はじいて) 枯れすすき... もう綿帽子寸前の、枯れすすき。 雨に打たれて、しょれんとしているかと思いきや、 上手に受け流し、何事もなかったよう。 大したもんだとおもった。...
四 温 来 し た び 三 寒 を 忘 れ お り... しおんこし たびさんかんを わすれおり 三寒四温、これを繰り返しながら春へと近づいていくと聞いてはいるのですが、毎年体験しているのに、さむいさむいと凍えているものだから、ちょっと寒さが緩むと、ああこれで春になると、寒さがぶり返すことを、寒の戻りがあることを、つい忘れてしまうのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください