万 緑 の 滴 り い ず れ 大 滝 へ

ばんりょくの したたりいずれ おおたきへ

大河も最初の一滴から。

深山の、糸のような細い、流れとも言えない水が、長い距離、長い時間をかけ、小川になり、ホタルを育み、湧き水として有り難がられ、豆腐屋やそば屋に使われ、本流に近づきやがては合流します。

平野と言われる広い水田を潤し、飲み水になり、導水として遠く離れた都市に送られます。

水を見ると心が落ち着きます。

沼でも湖でもいいのですが、流れがあればなお望ましいと思います。

この句も読まれています。

人生に クラっと落ちる 日照りあり... 人は、おおよそ普段ならしないようなことをしてしまうことがある。 魔がさすというのは当たらない。 大きな磁気のようなものに頭のてっぺんを引っ張られるように、おかしなことをしてしまうことが一度だけあるような気がする。 後の人生は、その後始末。 人生は何度でもやり直しがきくなんて、真っ赤な嘘。 ようやっと...
ホトケノザ 薄紫の 帰り道 雨が多いです。 寒い日が続きます。 でも、日が長くなっているのが、わかります。 先週まで、真っ暗な中、帰っていたのに、今日はもう、薄明るい。 わたしは、紫色の花が好きです。 クレマチス、ムラサキシキブ、ホトトギスなど。 ホトケノザも、薄紫のステキな花を咲かせます。 浅い春の花です。 よかったらクリッ...
露の世と 言いきかせども きかせども... 人生なんてあっとく間に終わる、50年たてば今わたしの抱えている悩みは、おそらく終わっているかと 思う。100年たてば、今いる人はみんないない。 そんなこと思っても、なかなか気が晴れるものではありません。 なかなかつらいものです。...
砂 吐 き て あ さ り の 油 断 水 温 む ( ぬるむ )... 適度な塩加減だったのだろう。 足というのか排水孔というのか、あさりはすっかりくつろいだようす。 もうすぐ酒蒸しにされる。 暖かくなって、身の入りもよくふっくら太って美味しそう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください