万 緑 の 滴 り い ず れ 大 滝 へ

ばんりょくの したたりいずれ おおたきへ

大河も最初の一滴から。

深山の、糸のような細い、流れとも言えない水が、長い距離、長い時間をかけ、小川になり、ホタルを育み、湧き水として有り難がられ、豆腐屋やそば屋に使われ、本流に近づきやがては合流します。

平野と言われる広い水田を潤し、飲み水になり、導水として遠く離れた都市に送られます。

水を見ると心が落ち着きます。

沼でも湖でもいいのですが、流れがあればなお望ましいと思います。

この句も読まれています。

人生に クラっと落ちる 日照りあり... 人は、おおよそ普段ならしないようなことをしてしまうことがある。 魔がさすというのは当たらない。 大きな磁気のようなものに頭のてっぺんを引っ張られるように、おかしなことをしてしまうことが一度だけあるような気がする。 後の人生は、その後始末。 人生は何度でもやり直しがきくなんて、真っ赤な嘘。 ようやっと...
初詣 太鼓橋の裾(すそ) 傍(わき)の道 大勢の人がまっすぐ本殿を目指してひたすら歩く。 見渡せば、太鼓橋の登り口の少し手前に、小さな祠(ほこら)があり、その裏に まるでけもの道のような、舗装もされない細い道を見つけた。 広い境内には、立派な建物が幾つもあって、おみくじを引く人、写真を撮る人 石の牛を撫でる人などさまざま。裏に回る人はいない...
風はまだ 簾の向こうに ツクツクの... 初めてツクツクボウシの鳴き声を聞いた。昨日の夜、お風呂で。ああ、ようやく秋が来るか。暑かった。疲れた。...
む ら 消 え の 雪 と 緑 の せ め ぎ 合 ひ... むらぎえの ゆきとみどりの せめぎあい 雪は5センチも降ると、人通りの多いところは 別にして、陽の当たらない庭や、大木の根元には、何日も何日も残るものです。 球根から芽を吹いた緑や、それより何より雑草の緑は、人間が寒さに縮こまっているうちから活発で、雪などには負けそうにもありません。 名残りの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください