万 緑 の 滴 り い ず れ 大 滝 へ

ばんりょくの したたりいずれ おおたきへ

大河も最初の一滴から。

深山の、糸のような細い、流れとも言えない水が、長い距離、長い時間をかけ、小川になり、ホタルを育み、湧き水として有り難がられ、豆腐屋やそば屋に使われ、本流に近づきやがては合流します。

平野と言われる広い水田を潤し、飲み水になり、導水として遠く離れた都市に送られます。

水を見ると心が落ち着きます。

沼でも湖でもいいのですが、流れがあればなお望ましいと思います。

この句も読まれています。

こ っ ち 向 け し き り 弾 け り 鳳 仙 花... わたしは、あなたが少々気になります。 べつに、好きとか、そういうのとは違います。 ちょっとだけ、お話などしてみたいなと思うだけです。 実現は、120パーセントムリです。 そんなこと、口が裂けても言えないからです。 言ったら最後です。 ストーカー扱いされるかも。 だからわたしは、あくまでも爽やかに、穏...
選定を 忘れて秋の 蔦(つた)三昧(ざんまい)... 夏の間に伸びた蔦や雑草がはびこって、まるで廃墟。この夏は特に暑かったから、体調もすぐれず、これ以上だめにならないよう、草もとらず、また異常に蚊が多くて、外にも出ず。秋になって、もう蔦は色づいて、ススキも終わってしまって、大好きな季節が刻々と終わりにちかづく。もったいないこと。少しずつ頑張って、なんと...
名言セラピー ひすいこうたろう 世界で一番みじかい三秒セラピー 一日の終わりに、難しい本は読みたくない。 例:イヤな人をちょっとだけ好きになる方法     「きらい」と思わないようにする。      好きなほうじゃない。      説明:虹の色は、日本では7色  赤、橙、黄、緑、青、藍、紫              海外では6色 ...
鰯 雲 郷 (さと) の 便 り も 遠 く な り... Sky over Tatashina 蓼科で見た空 / urawa 親が死んで、もうどれくらいになる だろうか。寄りつくこともない故郷。 何故か、秋になると故郷を想う。あ の路地や生垣はそのままだろうか。 神社の秋祭りは今も変わらずあるの だろうか。鋭角の曲がり角、床屋の 看板。線路の向こうの、小...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください